JAL、公募増資で最大1680億円調達 A350導入やZIPAIR向け787改修

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は11月6日、公募増資と第三者割当増資で最大約1680億円を調達すると発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による業績悪化を受け、資本増強によりコロナ後の事業変革に備える。エアバスA350-900型機導入によるボーイング777型機の退役やLCC事業強化を中心とする構造改革、有利子負債の返済などに充てる。JALが公募増資を実施するのは2006年以来で、2010年1月の経営破綻後は初めて。777の置き換えを計画通り進め、運航コストを削減する。

JALが導入を進めるA350=PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

 JALの発行済み株式総数は、6日現在3億3714万3500株。公募増資は国内外で実施し、発行済み株式数の3割にあたる最大1億株の新株を発行する。国内外の比率は国内3分の2、海外3分の1で、条件決定は11月18日。払込は25日から12月1日までに行われる。

 調達額のうち、1000億円が2023年3月末までの投資資金で、残り680億円程度を有利子負債の削減に充てる。投資のうち800億円がA350の購入資金で、1年間に


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり3記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料個人会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月3本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録は、こちらからお問い合わせください。
* 法人の会員登録は有料のみです。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。