エアライン, 解説・コラム — 2020年10月13日 21:58 JST

JALのCA、新制服でハンドベル練習 ベルスター2020、12月にライブ配信

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 クリスマス恒例となった日本航空(JAL/JL、9201)の客室乗務員有志によるハンドベル演奏チーム「JALベルスター」の練習が10月13日、羽田空港内で行われた。

12月のライブ配信に向けて練習を始めたJALベルスター2020のメンバー=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 JALでは毎年年末に、ベルスターによるハンドベル演奏を羽田空港などで披露している。結成は1995年で、2019年に25周年を迎えた。今年は約40人の客室乗務員が応募し、入社2年目から5年目までの8人が選ばれた。4月に着用を開始した新制服初のステージになるはずだったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で今年はステージ演奏はせず、12月13日にライブ配信を予定している。

 メンバーの顔合わせを経て2回目となった13日は、実際にベルを鳴らす最初の合奏練習。全員がピアノやフルート、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、コントラバスの演奏経験があり楽譜が読めることから、どうすればベルがきれいに響くかや、楽譜に加筆する部分などを確認していた。

12月のライブ配信に向けて練習を始めたJALベルスター2020のメンバー=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

昨年から引き続きベルスターのメンバーとして練習する田中さん(左から2人目)=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ベルスターは、前年のメンバー1人がリーダーとして翌年参加し、演奏技術などを継承してきた。今年は入社5年目の田中葉さんが、昨年に続いて参加。新型コロナの影響で開催が危ぶまれたが、今年のメンバー結成が決まり、会社から参加の打診があった。「すぐに『やらせていただきます』と返事をしました。ライブ配信なら仕事の休憩時間など、普段見られない方にも聞いていただけます」と、昨年までとは違った形で、利用者に感謝の気持ちを伝えたいという。

 今年のハンドベル経験者はリーダーの田中さんのほか、入社4年目の堀口理紗さん、入社2年目の山田裕利佳さんの3人。堀口さんは大学時代にベルスターの存在を知り、イベントでバイト仲間とハンドベル演奏を披露したことがあった。一方、山田さんは「初めて人前で演奏したのがハンドベルでした」と、幼稚園児の時に関西空港で演奏した経験が記憶に残っており、ベルスターの存在も学生時代から知っていたという。

 「エントリーシートにもベルスターのことを書きました」という入社5年目の永島芽衣さんと、4年目の三浦彩加さんも、学生時代からベルスターを知っていた。新型コロナ後は、乗客から励まされることもあったといい、ハンドベルで日ごろの感謝の気持ちを伝えたいという。加えて三浦さんは、「社会人になると音楽に携わることがないので、やってみたかったです」と、社会に出てからも音楽を続けたいという気持ちがあった。同じ思いを抱いていた入社2年目の竹内茉莉亜さんは、「いやしの音で、憧れの存在。ぜひ参加してみたかったです」と、初参加を喜んでいた。

 ピアノやマーチング経験がある入社3年目の椿智恵さんは、「(入社前の)2017年のステージを見て、1人ががんばるのではなく、全員でもっと力を発揮できると思います」と、これまで演奏してきた楽器とは違った良さを見いだしていた。

 ベルスターは例年参加希望者が多く、昨年は50人以上の応募があった。しかし、訓練と練習時期が重なってしまうと訓練が優先となるため、参加がかなわないケースもあるという。入社3年目の木村沙里さんは、昨年は国際線への移行訓練と重なってしまい、参加できなかった。「今年はこのような状況だったので、募集があった時はうれしかったです。ベルは隣の人と滑らかに音がつながるのがいいですね」と、チームワークの大切さを感じていた。

 ステージで演奏しない今年は、12月13日にライブ配信を実施予定。期間限定で動画を視聴できるようにする。

*写真は12枚。

12月のライブ配信に向けて練習を始めたJALベルスター2020のメンバー=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

12月のライブ配信に向けて練習を始めたJALベルスター2020のメンバー=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

12月のライブ配信に向けて練習を始めたJALベルスター2020のメンバー=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

12月のライブ配信に向けて練習を始めたJALベルスター2020のメンバー=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

12月のライブ配信に向けて練習を始めたJALベルスター2020のメンバー=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

12月のライブ配信に向けて練習を始めたJALベルスター2020のメンバー=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

12月のライブ配信に向けて練習を始めたJALベルスター2020のメンバー=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

12月の本番で使用する飾り付けの準備も進んでいた=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

12月のライブ配信に向けて練習を始めたJALベルスター2020のメンバー=20年10月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
日本航空

19年のコンサート
JALのCA、現行制服ラストのハンドベル演奏 ベルスター25周年「乗務に役立つこと、すごくあります」(19年12月24日)
JAL、歴代制服CAがハンドベル披露 25年目、羽田でクリスマスコンサート(19年12月21日)

4月から新制服
11代目でパンツスタイル初採用 写真特集・JAL新制服着用開始(CA編)
JALのCA、目の表情から察して接客 特集・新型コロナと機内サービス
JAL、ZoomでファーストクラスCA教育 サービスレベルをブラッシュアップ
9割運休のピンチをチャンスに JALのCA、iPadとZoomでテレワーク教育

ベルスター(12年から18年)
JALのCAとパイロット、羽田でハンドベルや合唱披露 手話も交えクリスマス公演(18年12月25日)
JAL新人CA、平成最後のベルスター 羽田でハンドベル披露(18年12月23日)
「心を一つにする大切さ学んだ」特集・「恋ダンス」光るJALベルスター2017(17年12月26日)
JALのCAとパイロット、ハンドベルと恋ダンス競演 羽田でベルスター演奏会(17年12月23日)
JALのCA、歴代制服でハンドベル披露 ベルスターの8人、アイコンタクトで息合った演奏(16年12月24日)
JALの新人CA、ハンドベルでクリスマス 羽田で披露(15年12月24日)
目で助け合う新人CAたち 20周年のベルスター、JALはなぜハンドベルを演奏させるのか(14年12月25日)
JALのCA、ハンドベルでアナ雪「レリゴー」 20周年のベルスター、羽田で披露(14年12月23日)
JALベルスター、ハンドベルで魅了 3年ぶり新人CA「アイコンタクトが大事」(13年12月23日)
CAのハンドベル合図にオケと合唱団のフラッシュ・モブ JALが羽田で(12年12月24日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post