エアライン, ボーイング, 機体 — 2020年4月28日 12:22 JST

ボーイング、サウスカロライナも787製造再開 3日から

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングは現地時間4月27日(日本時間28日)、米サウスカロライナ州ノースチャールストンにある787型機の製造工場「BSC(ボーイング・サウスカロライナ)」の操業を5月3日から順次再開すると発表した。中国から拡散した新型コロナウイルスの影響により、8日から操業を一時停止していた。

787の製造を再開するボーイングのサウスカロライナ工場=PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

 BSCでは787の製造再開に向け、管理職が30日から順次出社して準備を開始。シフト制の作業者は3日から4日かけて現場へ戻る。

 ボーイングは全館の清掃頻度を高め、手を消毒するスペースを新設。会議室やカフェなどでは、対人距離を離す「ソーシャル・ディスタンシング」に留意するよう呼びかける。また、検温やマスク着用などの対策も講じる。

 787の最終組立工場は、ワシントン州シアトル近郊のエバレットと、サウスカロライナの2カ所。すでにワシントン州の施設では、20日から787など民間機の製造を再開している。

関連リンク
Boeing
ボーイング・ジャパン

ボーイング、20日から製造再開 737MAXも準備進める(20年4月17日)
ボーイング20年1-3月期、36年ぶり低納入 737 MAX事故・新型コロナ響く(20年4月15日)
ボーイング、787サウスカロライナ工場も操業一時停止(20年4月7日)
ボーイング、操業停止を延長 希望退職も(20年4月6日)
ボーイング、エバレット工場など14日間操業停止 感染拡大で(20年3月24日)
ボーイング、エバレットの従業員から陽性反応 (20年3月11日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post