エアライン, 空港 — 2020年3月25日 18:11 JST

スターフライヤー、国際線運休4月末まで継続 台北2路線

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は、2路線ある国際線を4月30日まで運休する。北九州-台北(桃園)線と中部-台北線で、すでに3月11日から2路線とも運休しており、中国から拡散した新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、運休を継続する。

国際線運休を4月末まで継続するスターフライヤー=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 台湾は17日から、日本を含むアジア19カ国と東欧のモルドバ、米国のワシントン州とニューヨーク州、カリフォルニア州への渡航情報を、もっとも深刻な「第3級(警告)」に引き上げ、対象国や州から到着した人は14日間の自宅隔離になった。また、ビザ免除が当面停止され、日本人が台湾へ入国する際もビザの取得を求められる。

関連リンク
スターフライヤー

スターフライヤー、41億円借入 感染拡大で運転資金に(20年3月25日)
スターフライヤー、国際線の運休延長 31日まで(20年3月12日)
スターフライヤー、北九州線追加減便 13日から早朝や昼便(20年3月11日)
スターフライヤー、国際2路線期間運休 羽田-北九州は減便(20年3月4日)