エアバス, エアライン, 機体 — 2019年8月8日 20:00 JST

セーシェル航空、アフリカ初のA320neo

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスはこのほど、セーシェル航空(SEY/HM)がA320neo(登録記号S7-VEV)を導入したと発表した。同機はアフリカ初のA320neoとなる。

アフリカ初導入となったセーシェル航空のA320neo=PHOTO: Bengt Lange/Airbus

 中国系リース会社CDBアビエーション・リース・ファイナンスからのリースで導入した。座席数は2クラス計168席で、ビジネス12席、エコノミー156席。エンジンはCFMインターナショナル製「LEAP-1A」を搭載する。

 セーシェル航空は現在、A320従来型(A320ceo)を2機、バイキングDHC-6-400型機を5機保有している。

関連リンク
Air Seychelles
Airbus
エアバス・ジャパン

サウジLCCフライアディール、737MAX契約撤回 A320neoに(19年7月9日)
ピーチ、A320neoとA321LR用エンジンにCFM製LEAP-1A採用 20年度から(19年6月17日)