エアライン, 空港 — 2019年7月9日 16:18 JST

エアアジア・ジャパン、仙台8月就航 中部から1日2往復

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は7月9日、中部(セントレア)-仙台線を8月8日に開設すると発表した。同社3路線目で、午前と午後の1日2往復運航する。

8月から仙台に就航するエアアジア・ジャパン=PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

 運航スケジュールは、午前の仙台行きDJ023便が中部を午前8時55分に出発し、午前10時10分着。中部行きDJ024便は午前10時55分に仙台を出発して、午後0時5分に到着する。午後の仙台行きDJ025便は中部を午後2時45分に出発して、午後4時に着く。中部行きDJ026便は午後4時40分に仙台を出発して、午後5時50分に到着する。

 機材はエアバスA320型機で、座席数は1クラス180席または186席。大人運賃はエアアジアの会員向け価格が片道7250円から、一般向けが7400円から。就航記念として片道1620円の航空券を座席数限定で販売する。キャンペーン運賃の販売期間は7月9日から15日までで、搭乗期間は8月8日から9月30日まで。

 中部空港(セントレア)を拠点とするエアアジア・ジャパンは3機のA320を運航しており、1路線目の中部-札幌(新千歳)線を1日最大4往復、2路線目の中部-台北(桃園)線を1日1往復運航している。

 エアアジア・ジャパンは2015年夏から秋にかけての就航を計画していたが、路線計画の見直しや運航体制が整わなかったことから就航を延期。当初、中部-札幌と仙台、台北の3路線の同時開設で就航準備を進めていたものの、仙台線は2016年9月30日に中止を発表していた。

 その後、約2年遅れとなる2017年10月29日に1路線目の中部-札幌線を開設。今年2月1日には2路線目の台北線を就航させた。仙台線については、今年3月22日にトニー・フェルナンデス・グループCEO(最高経営責任者)が、就航計画の復活を明らかにしていた。

 今後は10月27日に始まる冬ダイヤで、中部-ソウル線の就航を目指す。また、中部には2015年2月から運休しているエアアジアX(XAX/D7)のクアラルンプール線を8月にも再開する計画を進めている。

運航スケジュール
DJ023 中部(08:55)→仙台(10:10)
DJ024 仙台(10:55)→中部(12:05)
DJ025 中部(14:45)→仙台(16:00)
DJ026 仙台(16:40)→中部(17:50)

エアアジア・ジャパン、仙台・ソウル就航へ 中部拡充(19年3月22日)
186席仕様になったエアアジア・ジャパン3号機(19年2月25日)
エアアジア・ジャパン、中部-台北就航 初の国際線、2月中旬にも3号機(19年2月1日)
エアアジア・ジャパン、中部−札幌就航 1日2往復(17年10月29日)
エアアジアX、中部へ再就航視野 フェルナンデスCEO「ぜひ実現させたい」(17年10月27日)
エアアジア・ジャパン、仙台中止 札幌17年初め目指す(16年9月30日)
エアアジア・ジャパン、A320初号機が中部到着 3年で黒字化目標(15年10月16日)
エアアジア・ジャパン、16年4月就航 中部から新千歳・仙台・台北へ(15年10月6日)
エアアジア、楽天と日本再参入 15年6月就航、羽田も視野に(14年7月1日)