エアライン, ボーイング, 機体 — 2019年7月2日 23:57 JST

ANAカーゴ、777F就航 日本初導入、大型貨物も輸送可に

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下の貨物事業会社ANAカーゴ(ANA Cargo)は7月2日、日本初となるボーイング777F貨物機の初号機(登録記号JA771F)の運航を開始した。大型貨物の輸送にも対応する機体で、同日に新設した成田-関西-上海-成田路線に投入。10月からは北米への貨物直行便も運航し、日本を経由したアジアと北米間の貨物輸送を強化する。

貨物を積み込み出発を待つANAカーゴの777F初便となる関空行きNH8569便=19年7月2日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

—記事の概要—
中国へ貨物98トン
航空機エンジンも輸送可
実用航続距離9070キロ

中国へ貨物98トン

 新設したのは成田から関空へ向かい、関空から上海へ、上海からは成田へ戻る貨物便で、週5往復運航する。関空行きNH8569便は成田を午後9時35分に出発し、午後11時5分に到着。上海行きNH8409便は午前1時5分に関空を出発し、午前2時30分に着く。成田行きNH8404便は午前5時に上海を出発し、午前8時50分に成田へ戻る。

 関空経由は8月25日までで、翌26日からは往復とも上海へ直行する。

 初便となった2日のNH8569便は、リチウム電池や顕微鏡などなどの電子部品、およそ64トンの中国向け貨物を搭載し、定刻の午後9時35分に成田を出発。関空発のNH8409便には34トンを積み込み、日本からの中国向け貨物計98トンを運ぶ。上海発NH8404便には電子部品や自動車機械など95トンを搭載する。このうち日本向けは50トンで、残り45トンは米国向けとなる。

ANAカーゴ777Fの初荷を公開するANAの石田洋平・成田空港支店長(中)ら=19年7月2日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

航空機エンジンも輸送可

 777Fの貨物室の高さは300センチで、従来の767Fの244センチと比較し約1.2倍に拡大。767Fでは搭載できなかった20フィート(約6メートル)のコンテナも搭載できるようになる。床の一部には、ベルトで固定しなくても積み荷が動かないセンターローディング用の専用ロックも備える。

 貨物室が拡大したことにより、航空機エンジンなど大型貨物も輸送できるようになる。これまで5台まで積み込めた自動車は、777Fでは9台まで可能となり、ピックアップトラックのようなSUV(スポーツ用多目的車)も運搬できるようになる。

 このほか、液晶パネルなどの製造装置など大型貨物のほか、溶剤やインクなどの危険品、血液や医薬品などの温度調整が必要な貨物、競走馬なども運べるようになった。

 ANAカーゴは現在、12機の中型貨物機を運航中。4機が新造機の767-300F、8機は全日本空輸(ANA/NH)が旅客機として運航していた機体を貨物機に転用した767-300BCF(ボーイング・コンバーテッド・フレーター)となる。

 767-300Fと767-300BCFは、ANAの中近距離国際線などを運航するANAHD傘下のエアージャパン(AJX/NQ)のパイロットが操縦しているが、777FはANAのパイロットが担当する。

実用航続距離9070キロ

 ANAHDは777Fの2機導入を2018年3月23日に発表。初号機は同年12月5日に引き渡された。日本着は5月24日夜で、羽田空港に到着。2号機(JA772F)は6月11日に米シアトルで受領し、翌12日に羽田に到着した。初号機と2号機は、北米に生息する青い翼の鳥・アオカケスから「BLUE JAY(ブルージェイ)」と愛称を命名し、貨物ドア近くの機体左側後部にデザインした。

 冬ダイヤ初日の10月27日からは、成田-シカゴ線への投入も計画する。貨物を最大に搭載した場合の「実用航続距離」は9070キロで、767Fと比較し3000キロ以上伸びほか、搭載重量も倍近くに増加する。航続距離が伸びることで、777Fによる北米への貨物直行便を運航できるようになる。ANAカーゴでは、日本を経由したアジア各国と北米間の大型貨物輸送の強化を図る。

 777Fには操縦席を含め、座席を機内前方に10席設ける。コックピットは2席、ジャンプシートも2席備えるほか、精密機械や競走馬などの輸送時に荷主や輸送管理者が同乗するための座席4席も設置。荷主などをサポートするANAカーゴ社員用の2席も備える。旅客機ではないため、客室乗務員は搭乗しない。

 また、北米など長距離を飛行することから、コーヒーメーカーやオーブンなどを備えたギャレー(厨房設備)も装備する。

*写真は8枚。
*外観の写真特集はこちら
*機内の写真特集はこちら
*羽田到着の様子はこちら
*お披露目の様子はこちら

ANAカーゴの777F初便となる関空行きNH8569便に積み込まれる初荷=19年7月2日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ANAカーゴの777F初便となる関空行きNH8569便に積み込まれる貨物=19年7月2日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

貨物の積み込みが終わりドアが閉まるANAカーゴの777F初便となる関空行きNH8569便=19年7月2日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

成田を出発するANAカーゴの777F初便となる関空行きNH8569便=19年7月2日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

成田を出発するANAカーゴの777F初便となる関空行きNH8569便=19年7月2日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関空へ向け成田を離陸したANAカーゴの777F=19年7月2日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

運航スケジュール
成田→関西(7月2日から8月25日)
NH8569 成田(21:35)→関西(23:05)運航日:火水木金土

関西→上海(7月2日から8月25日)
NH8409 関西(01:05)→上海(02:30)運航日:水木金土日

上海→成田(7月2日から8月25日)
NH8404 上海(05:00)→成田(08:50)運航日:水木金土日

成田-上海(8月26日から)
NH8403 成田(22:30)→上海(翌日01:05)運航日:火水木金土
NH8404 上海(03:30)→成田(07:20)運航日:水木金土日

関連リンク
全日本空輸
ANAカーゴ
Boeing
ボーイング・ジャパン

写真特集・ANA 777Fお披露目
外観編 “アオカケス”北米へ大型貨物(19年6月29日)
機内編 荷主席にコンセント完備の大型貨物機(19年6月28日)

5月に羽田着、6月にお披露目
ANA、777F貨物機お披露目 日本初導入、北米への輸送強化(19年6月13日)
ANA、777F貨物機が羽田到着 7月就航(19年5月25日)
ANA、777F貨物機7月就航 成田から(19年1月23日)
ANA、777F導入へ 北米へ大型貨物機(18年2月23日)

ANAの貨物機
就航15周年迎えた貨物専用機 写真特集・ANAカーゴ767-300F(17年8月27日)
ANA、北九州に貨物便 専用機で大型品対応(18年1月18日)
ANA、777F大型貨物機検討へ 太平洋路線に(15年2月2日)

他社の777F
ルフトハンザカーゴ、777Fに「こんにちは日本」 成田で命名式(19年5月23日)
ルフトハンザ・カーゴ、777F貨物機が日本就航 成田便に初投入(16年3月29日)