エアバス, エアライン, 機体, 空港 — 2019年4月15日 13:24 JST

春秋航空、関空2路線就航 17日から合肥・鄭州、11路線に

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 春秋航空(CQH/9C)は現地時間4月17日から、合肥-関西線の運航を週4往復で開始する。また、翌18日からは鄭州からも週3往復を運航し、2路線合わせて関空へ1日1往復乗り入れる。同社の関空路線は、2路線の開設により11路線となる。

関空2路線を開設する春秋航空=PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 17日からの合肥線は月曜と水曜、金曜、日曜の週4往復。運航スケジュールは曜日により異なる。就航日となる水曜の場合、合肥行き9C8506便は関空を午後5時に出発し、午後6時45分に到着する。関空行き9C8505便は午後7時30分に合肥を出発し、午後10時35分に着く。5月以降は関空発を午前11時20分に、関空着を午後7時ごろに変更する。

 18日からの鄭州線は火曜と木曜、土曜の週3往復で、運航スケジュールは各日とも共通。鄭州行き9C8690便は関空を午前11時20分出発し、午後1時55分に到着する。関空行き9C8689便は午後2時55分に鄭州を出発し、午後6時55分に着く。2路線ともエアバスA320型機(1クラス180席か186席)で運航する。

 同社の関空路線は現在9路線で、上海(浦東)と天津、武漢、西安、揚州、重慶、大連から乗り入れるほか、揚州経由の洛陽北郊線も運航。今年2月1日からは、広州からも乗り入れている。

運航スケジュール
関西→合肥
9C8506 関西(16:20)→合肥(18:25)運航日:4月17日から30日までの月金日
9C8506 関西(17:00)→合肥(18:45)運航日:4月17日から30日までの水
9C8506 関西(11:20)→合肥(13:30)運航日:5月1日からの月水金日

合肥→関西
9C8505 合肥(19:10)→関西(22:35)運航日:4月17日から30日までの月金日
9C8505 合肥(19:30)→関西(22:35)運航日:4月17日から30日までの水
9C8505 合肥(15:20)→関西(18:55)運航日:5月1日からの水金日
9C8505 合肥(15:20)→関西(19:00)運航日:5月1日からの月

鄭州-関西
9C8690 関西(11:20)→鄭州(13:55)運航日:火木土
9C8689 鄭州(14:55)→関西(18:55)運航日:火木土

関連リンク
春秋航空

春秋航空日本、新ブランド「SPRING」 21年度黒字化目指す(19年4月10日)
SPRING、成田-寧波4月25日就航 早朝の着陸料割引活用(19年4月10日)
春秋航空、関西-広州2月就航 1日1往復(19年1月10日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post