エアライン — 2019年3月8日 06:01 JST

タイ・ライオンエア、737 MAX 9で中部就航 週5往復

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 タイのLCC、タイ・ライオン・エア(TLM/SL)は現地時間3月8日から、バンコク(ドンムアン)-中部(セントレア)線の運航を開始する。週5往復をボーイング737 MAX 9で運航する。同社の日本乗り入れは3路線目となる。

中部へ就航するタイ・ライオン・エア=PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 月曜と水曜、木曜、金曜、日曜の週5往復を運航する。737 MAX 9は1クラス215席で、エコノミーのみ設定する。

 運航スケジュールはいずれも共通で、中部行きSL310便はバンコクを午前7時45分に出発し、午後3時20分に到着。バンコク行きSL311便は午後4時55分に中部を出発し、午後9時50分に着く。

 中部線は当初1月16日の就航を予定していたが、システムなどの不具合で延期した。

 タイ・ライオン・エアは、インドネシア大手LCCライオン・エア(LNI/JT)グループのLCC。初の日本路線となるバンコク-成田線を、2018年12月7日に週7往復(1日1往復)で開設した。成田線にはエアバスA330-300型機(2クラス392席:プレミアムエコノミー18席、エコノミー374席)を投入している。

 2路線目となる福岡線は2月15日に、1日1往復で就航。3月28日には4路線目となる関西線を週5往復で開設を予定している。2路線には中部線同様737 MAX 9を投入する。このほか、スリランカのコロンボへの乗り入れも予定している。

運航スケジュール
SL310 バンコク(07:45)→中部(15:20)運航日:月水木金日
SL311 中部(16:55)→バンコク(21:50)運航日:月水木金日

関連リンク
タイ・ライオン・エア

タイ・ライオン・エア、737 MAX 9で関西就航 3月から週5往復(19年2月13日)
タイ・ライオンエア、中部就航延期 3月から週5往復(18年12月28日)
タイ・ライオンエア、日本初就航 成田-バンコク、会長「交流拡大に」(18年12月7日)
737 MAX 9、納入開始 タイ・ライオン・エアに初号機(18年3月22日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post