エアライン, 企業 — 2019年1月25日 10:59 JST

JAL、80億円のCVC設立 ベンチャー支援強化

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は1月24日、国内外のスタートアップ企業に投資する「コーポレート・ベンチャーキャピタルファンド(CVC)」として、「Japan Airlines Innovation Fund」を設立すると発表した。出資総額は7000万ドル(約80億円)で、運用期間は10年間。最先端技術やビジネスモデルに投資する。

スタートアップ企業に投資するCVCを設立するJAL=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 案件発掘や投資実行、投資後の支援などは、シリコンバレーで実績があるベンチャーキャピタルのトランスリンクキャピタル(カリフォルニア州)が担当。フィンテックやドローン、AI(人工知能)などを活用したビジネスへの投資を想定しており、フルサービス航空会社(FSC)として他社との差別化につなげていく。

 JALは2017年度から2020年度までの中期経営計画で、事業領域の拡大など成長に向けた取り組みの強化を掲げている。2018年4月には、東京・天王洲のJAL本社近くに「JALイノベーションラボ(JAL Innovation Lab)」を開設。空港や客室の動線を再現したスペースを設け、機内や空港で使う設備や機器を3Dプリンターで試作したり、外部のパートナーを交えて作業するコワーキングスペースなどを用意している。

関連リンク
日本航空
Translink Capital

JALとKDDI、5G活用した空港サービス実証実験 スマホ出さずにチェックイン(18年11月6日)
JAL、イノベーションラボ公開 社内外と交流、新ビジネスに(18年5月30日)
売上高2兆円へのカギ握る「対応力」 特集・JAL中期計画2018(18年3月6日)
JAL、A350国内線仕様に個人画面と電源 中期計画ローリングプラン(18年3月1日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: