エアバス, エアライン, 機体 — 2018年12月26日 19:21 JST

ANAのA380、ファースト往復35万円 1月発売

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は12月26日、成田-ホノルル線に2019年5月24日から導入する総2階建ての超大型機エアバスA380型機の運航スケジュールを発表した。1日2往復する同路線のうち、成田を午後8時台に出発するNH184便に週3往復投入。2号機を導入する7月1日からは運航便を増やし、週10往復をA380で運航する。

エアバスのハンブルク工場でお披露目されたANAのA380初号機=18年12月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
火金日の週3往復でスタート
ファースト往復35万円から
追加料金でカウチシート
初号機は3月納入

火金日の週3往復でスタート

 A380を先行投入するのは、午後8時台となる1便目のNH184便と折り返しのNH183便で、5月24日の成田発から火曜と金曜、日曜の週3往復に投入する。そのほかの週4往復は、従来どおりボーイング787-9型機(3クラス246席:ビジネス40席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー192席)で運航し、7月1日からは週7往復をA380で運航する。

 7月1日からはNH184/183便に加え、2便目となるNH182便と折り返しのNH181便にも投入。火曜と金曜、日曜の週3往復をA380で運航する。そのほかの4往復には、従来どおり787-9を投入する。

 1便目のホノルル行きNH184便は、成田を午後8時20分に出発し、午前8時40分に到着する。折り返しの成田行きNH183便は、午前11時30分にホノルルを出発し、翌日午後3時に到着する。

 2便目のNH182便は、午後9時35分に成田を出発し、午前10時10分にホノルル着。折り返しの成田行きNH181便は、午後0時45分にホノルルを出発し。翌日午後4時に到着する。

ファースト往復35万円から

ANAのA380に採用されたドア付き個室タイプのファーストクラス=18年11月27日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ANAのA380は、4クラス520席(ファースト8席、ビジネス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミー383席)を設定する。アッパーデッキ(2階席)にファーストとビジネス、プレミアムエコノミーを配置する。メインデッキ(1階席)はすべてエコノミーとする。

 ANAのホノルル線として初めて設定するファーストクラスは1-2-1席配列で、2階席最前方に設置。料金は往復で35万円から設定する。予約受付は1月10日午後3時から。

 ファーストは、マイルと交換できる特典航空券でも利用できる。往復の必要マイル数は時期により異なり、ローシーズン(閑散期)とレギュラーシーズン(通常期)は12万マイルで、ハイシーズン(繁忙期)は12万9000マイルで交換できる。

 A380が就航する5月24日から、2020年3月31日までのうち、ハイシーズンは7月25日から8月19日、12月18日から1月5日までとする。

追加料金でカウチシート

ANAのA380のカウチシート=18年11月27日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 「ANA COUCHii」と命名した日本初導入のカウチシートは、エコノミー後方に設定。エコノミークラス運賃に追加で料金を支払うことで利用できる。3-4-3配列の6列60席をカウチシートとする。隣接する席のレッグレストを上げ、3席または中央4席をベッドのように使える。予約受付はファーストクラス同様、1月10日午後3時から。

 1組あたりの追加料金は、ハイシーズンとローシーズンで異なる。ローシーズンに3席シートを3人で利用する場合は9000円、2人利用は1万9000円、1人利用は5万9000円。4席シートの追加料金は、4人利用の場合1万2000円、3人利用は2万2000円、2人利用は5万2000円、1人利用は9万2000円となる。

 2020年3月31日までのハイシーズンは、7月12日から8月17日までと、9月13日・14日、12月20日から31日まで。それ以外をローシーズンとする。また、5月24日から7月11日までは、就航を記念したキャンペーン価格で提供する。

 ビジネスとプレミアムエコノミー、エコノミーの各クラスは、現在787運航便として販売。1月4日以降、A380に順次変更する。

初号機は3月納入

 ANAを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は、A380を3機発注。「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」と名付け、全機に特別塗装を施す。初号機(登録記号JA381A)がハワイの空をイメージした青(ANAブルー)、2号機(JA382A)が海の深緑(エメラルドグリーン)、3号機(JA383A)が夕陽のオレンジ(サンセットオレンジ)と、1機ごとに色が異なるデザインが採用された。

 青い初号機は塗装作業が完了し、現地時間12月13日にエアバスの独ハンブルク工場でロールアウトした。今後内装などを仕上げて、2019年3月に引き渡される見込み。深緑色の2号機は5月の納入を予定しており、7月1日に就航する。

 オレンジ色の3号機は、2020年度に受領予定。ANAは現在、ハワイ路線に787-9を投入しており、同路線のシェアを現在の15%から、A380が全機そろう2020年度以降は25%へ引き上げを目指す。

運航スケジュール
19年5月24日から
NH184 成田(20:20)→ホノルル(08:40)A380運航日:火金日
NH183 ホノルル(11:30)→成田(翌日15:00)A380運航日:火金日
*19年7月1日からは毎日

19年7月1日から追加
NH182 成田(21:35)→ホノルル(10:10)A380運航日:火金日
NH181 ホノルル(12:45)→成田(翌日16:00)A380運航日:火金日

関連リンク
#hawaii24(ANAの特設サイト)
全日本空輸

初便就航
ANAのA380、ホノルルからも初便出発(19年5月25日)
ANA、A380就航 空飛ぶウミガメ、成田からハワイへ(19年5月24日)

写真特集・ANA A380 FLYING HONUの機内
(1)個室ファーストクラスでプライバシー確保(19年5月21日)
(2)ペアシートもあるビジネスクラス(19年5月22日)
(3)2階後方にゆったりプレエコ(19年5月23日)
(4)カウチシートもあるエコノミー(19年5月24日)

ホノルルのラウンジ公開
ダイヤモンドヘッドやA380眺めて食事 写真特集・ANAホノルル新ラウンジ(19年5月26日)
ANA、ホノルルのラウンジ公開 A380の2階直結、ダイヤモンドヘッド一望(19年5月9日)

ホノルルでフィットチェック
ANAのA380、2回目のホノルル飛来 2階席へ機内食搬入確認も(19年5月9日)
ホノルルにA380到着 ANA「空飛ぶウミガメ」ハワイ初飛来、地上施設確認(19年4月18日)
ANAのA380、ホノルルへ 搭乗橋など現地確認(19年4月17日)

機内公開
ANA、空飛ぶウミガメA380公開 ファーストクラスやペア席ビジネスも(19年4月23日)

特典航空券キャンペーン
ANA、A380空席で特典航空券 プレエコ・エコノミー対象キャンペーン(18年12月27日)

2号機
エメラルドグリーンのウミガメ、新千歳に初飛来 ANAのA380慣熟飛行(19年5月31日)
エメラルドグリーンのウミガメA380、慣熟飛行スタート(19年5月26日)
ほほえむウミガメ、まもなく就航 写真特集・ANA A380深緑の2号機成田到着(19年5月19日)
ANA、空飛ぶウミガメ2号機成田到着 深緑のA380、6月に就航前倒し(19年5月18日)

成田へ初号機到着
ANA、A380「フライング・ホヌ」成田到着 片野坂社長「乗った瞬間ハワイ感じられる」(19年3月21日)
ANAのA380、トゥールーズ離陸 成田へ(19年3月21日)
ANA、A380初受領 総2階建て、5月から成田-ホノルル線(19年3月21日)

ANAのA380
ANA、A380お披露目 空飛ぶウミガメ、ハンブルクでロールアウト(18年12月13日)
ANAのA380、成田-ホノルル19年5月就航 7月に2号機(18年11月27日)
ANAのA380、デザインは「空飛ぶウミガメ」 成田-ホノルル19年就航(17年3月6日)
【スクープ】ANA、A380を成田投入へ 羽田就航見送り、ホノルル線(16年10月24日)
ANA、A380を3機正式発注 ホノルル線に18年度以降(16年1月29日)
なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか(16年1月5日)
ANAがA380導入!? 特集・スカイマーク”官邸主導”再建(後編)(15年8月6日)


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり3記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料個人会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月3本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録は、こちらからお問い合わせください。
* 法人の会員登録は有料のみです。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。