ボーイング, 企業, 機体 — 2018年11月6日 20:40 JST

昭和飛行機、777F・747-8F向けギャレー契約更新

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 昭和飛行機工業(7404)は、ボーイングと貨物機用ギャレー(厨房設備)の契約をこのほど更新した。

昭和飛行機が製造する777F用(左)と747-8F用ギャレー(同社サイトから)

 同社は777Fと747-8F両貨物機用ギャレーを、2008年からティア1(1次請け)サプライヤーとして独占供給。ボーイングの受注実績によると、9月末時点で777Fの受注残は54機、747-8Fは21機となっている。

 昭和飛行機は、1990年に747-400F用ギャレーの供給を開始した。

関連リンク
昭和飛行機工業
Boeing
ボーイング・ジャパン

777-8F
カタール航空、777F貨物機を5機発注(18年7月23日)
DHL、777Fを14機発注へ 19年納入開始(18年7月23日)
フェデックス、777Fを12機追加発注 767も(18年6月20日)
ルフトハンザ、777追加発注 スイス航空777-300ERとルフトハンザカーゴ777F(18年5月9日)
ANA、777F導入へ 北米へ大型貨物機(18年2月23日)

747-8F
NCA、747-8Fに機種統一へ 国交省に改善措置提出(18年8月20日)
UPS、747-8Fを14機追加発注 貨物需要拡大で(18年2月2日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post