機体, 空港 — 2018年10月12日 23:00 JST

E190-E2、伊丹初飛来へ MRJのライバル、空の日イベント参加

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 リージョナルジェット機世界最大手であるブラジルのエンブラエルが開発した最新型機E190-E2の飛行試験機(登録番号PR-ZGQ)が、10月13日に伊丹空港へ初飛来する。機首にはサメが描かれた特徴的な外観で、伊丹の空の日イベント「エアポートフェスティバル」に参加する。日本への飛来は初めて。

*伊丹から羽田へ初飛来。記事はこちら

ファンボロー航空ショーの会場上空で予行演習を行うE190-E2=18年7月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファンボローでMRJの飛行試験機(左)と並ぶE190-E2の飛行試験機=18年7月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 E190-E2は、3機種で構成する次世代リージョナルジェット機「E2シリーズ」のうち、最初に実用化した機体で、今年4月から納入を始めた。従来のエンブラエル170(E170)とE175、E190、E195で構成する「Eジェット」の後継機で、E175-E2とE190-E2、E195-E2からなる。新型エンジンや新設計の主翼、主脚の格納した際のドアなどで、燃費を向上させた。

 メーカー標準の座席数は、E190-E2が1クラス106席、2クラス97席。2019年から顧客への引き渡しを計画しているE195-E2が1クラス146席、2クラス120席、2021年に引き渡しを始める予定のE175-E2は1クラス88席、2クラス80席となる。E195-E2はE195より座席を3列、E175-E2はE175より1列増やした。

 E2のエンジンは、三菱航空機が開発を進めているリージョナルジェット機「MRJ」と同じく、低燃費と低騒音を特徴とする米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製GTFエンジンを採用。推力の違いにより、E175-E2がPW1700G、E190-E2とE195-E2がPW1900Gを搭載する。低燃費や低騒音など、E2シリーズはMRJにとって最大のライバルになる。

 座席数で比較すると、E175-E2は1クラス92席の「MRJ90」と競合する。一方、エンブラエルには1クラス78席の「MRJ70」にあたる次世代機が存在しない。

 日本の航空会社でE2シリーズの採用を決定した航空会社はないが、Eジェットは日本航空(JAL/JL、9201)グループで地方路線を担うジェイエア(JAR/XM)や、鈴与グループのフジドリームエアラインズ(FDA/JH)が採用している。

E190-E2飛行試験機のコックピット=18年7月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 今回飛来する機体は、7月にロンドン近郊で開かれた世界最大規模の航空ショー「ファンボロー航空ショー」に出展された機体で、機首にサメを描いている。エンブラエルは、E2シリーズのキャッチフレーズとして「プロフィット・ハンター」を掲げており、昨年のパリに出展したE195-E2(PR-ZIJ)の機首にはイヌワシ、今年3月開催のシンガポール航空ショーに出展したE190-E2(PR-ZFU)にはトラを描いていた。

 エンブラエルは同機のワールドツアーを開催中で、12日夜に台北(松山)から関西空港へ到着。E2シリーズ初の日本着陸地は関空となった。13日午前11時ごろには、伊丹へフェリー(回航)される見込み。駐機場所は、日本航空(JAL/JL、9201)の格納庫近くになるとみられ、機側には近づけず、機内の一般公開も行わない。

*写真は9枚。
*E190-E2搭乗記はこちら

ファンボロー航空ショーの会場上空で予行演習を行うE190-E2=18年7月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファンボロー航空ショーの会場上空で予行演習を行うE190-E2=18年7月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファンボロー航空ショーの会場上空で予行演習を行うE190-E2=18年7月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファンボロー航空ショーの会場上空で予行演習を行うE190-E2=18年7月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファンボロー航空ショーの会場上空で予行演習を行うE190-E2=18年7月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファンボロー航空ショーの会場に帰着したE190-E2飛行試験機=18年7月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
Embraer
大阪国際空港(伊丹空港)

伊丹から羽田へ初飛来
E190-E2、羽田に初飛来 MRJ最大のライバル、静かに着陸(18年10月15日)
E190-E2、伊丹で初公開 機首にはサメ(18年10月13日)

E190-E2搭乗記
エンブラエル、E190-E2初のメディアフライト MRJ最大のライバル、ファンボロー開幕前に(18年7月16日)

エンブラエル
ボーイングとエンブラエル、民間機の合弁会社設立へ MRJさらなる苦戦も(18年7月6日)
E190-E2就航 ヴィデロー航空、世界初の定期便(18年4月25日)
足もとにもキャリーバッグ 写真特集・エンブラエルE190-E2(後編)(18年3月8日)
整備性も重視したMRJのライバル 写真特集・エンブラエルE190-E2(前編)(18年3月7日)
ボーイング、エンブラエルと提携交渉 買収検討か(17年12月22日)

MRJ
「パリではMRJの内装展示を」三菱航空機・水谷社長インタビュー(18年7月24日)
大型画面に計器集約 写真特集・ファンボロー舞ったMRJのコックピット(18年7月21日)
「静かさアピールした」安村機長に聞くMRJ初のファンボロー飛行展示(18年7月21日)
翼大きく振ってフライト復帰 写真特集・ファンボロー3日目のMRJ飛行展示(18年7月19日)
MRJ、応急処置しフライト披露 ファンボロー航空ショー3日目、翼振ってアピール(18年7月19日)
三菱航空機、MRJ損傷で補償交渉 ファンボロー航空ショー、3日目は飛行へ(18年7月18日)
MRJ、2日目の飛行展示中止 けん引車が接触(18年7月17日)
静かに舞い、静粛性アピール 写真特集・MRJ初のファンボロー飛行展示(18年7月17日)
MRJ、ファンボロー航空ショーで初の飛行展示 宮永社長「強い競争力ある」(18年7月17日)
ANA塗装のMRJ、ファンボローの空舞う 16日開幕に向け予行演習(18年7月13日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post