エアライン, 企業, 機体 — 2018年4月10日 18:50 JST

IBEX、ポータブル機器でIFE ネット接続なし、映像で地域活性

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 アイベックスエアラインズ(IBEX、IBX/FW)は4月10日、Wi-Fi機器を使ったIFE(機内エンターテインメントシステム)の提供を開始すると発表した。ポータブル機器を機内に搭載し、今年下期をめどに、映像コンテンツなどを無料提供する。IBEXがIFEを提供するのは初めて。インターネットには接続できない。

IBEXが機内に搭載するティアックのポータブルストリーミングサーバー「PS-V50」(ティアックの資料から)

 搭載するのは、ティアック(6803)のポータブルストリーミングサーバー「PS-V50」で、乗客はスマートフォンやタブレットで接続し、映像などのコンテンツを閲覧する。IBEXは「PS-V50」のローンチカスタマーで、機内での実証実験などで実用化に向け支援する。

 映像コンテンツは、今年1月に包括連携協定を締結した宮城県を含め、地方創生や活性化につながるものを用意する。

 PS-V50は、無線LANアクセスポイントとLTEルーター、サーバー、バッテリーを1台に内蔵したポータブル機器で、IFEの提供に伴う機体改修の必要がない。1度に50人まで接続できる。3時間以下の充電で、15時間稼働する。

 アイベックスは現在、CRJ700(普通席70席)1機種で運航している。現在は9機をリース導入済みで、PS-V50は9機すべてに搭載する。

関連リンク
IBEXエアラインズ
PS-V50(ティアック)

IBEX関連
IBEX、宮城県と連携協定 「むすび丸」デカール機で観光促進(18年1月23日)
IBEX、松山3月就航 中部-福岡運休 18年度計画(18年1月19日)
IBEX、50人乗りCRJ200退役 福岡から仙台へラストフライト(17年9月28日)

他社の機内Wi-Fi
ANAも国内線ネット無料化 18年4月から(17年12月20日)
JALグループ、無料で国内線ネット接続 9月以降も(17年6月20日)
ANA、Q400も機内Wi-Fi インターネット接続不可(16年3月15日)
スカイマーク次世代機、機内ネット接続対応へ 市江社長「何か付く」(17年10月6日)
ソラシド、Wi-Fiで機内エンターテインメント 12月から無料提供(17年11月30日)
ドコモ、地対空方式の機内Wi-Fi実証実験 ANAやパナソニックなどと(17年8月9日)
ハネウェル、3万フィート上空で高速ネット接続デモ 成田に757試験機飛来(17年7月19日)
ルフトハンザ、欧州内でも機内Wi-Fi 本格導入(17年5月12日)