エアライン, 機体 — 2016年3月15日 20:55 JST

ANA、Q400も機内Wi-Fi インターネット接続不可

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は3月15日、ボンバルディアQ400型機(DHC-8-400、登録番号JA856A)でWi-Fi機器を使ったIFE(機内エンターテインメントシステム)「ANA Wi-Fiサービス」を開始すると発表した。1月にボーイング777-300型機で導入した国内専用のサービスに続くもので、3月22日から開始する。インターネットには接続できない。

「ANA Wi-Fiサービス」を導入するANAウイングスのQ400=15年4月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ANAホールディングス(9202)傘下のANAウイングス(AKX/EH)が運航するQ400で提供する。当初1機のみに導入し、4月末までに2機のQ400(登録番号JA857A、JA858A)にも追加導入する。

 Q400ではリアルタイムでテレビ番組を視聴できる「ANA SKY LIVE TVサービス」やインターネット接続には対応せず、ビデオやオーディオ、電子書籍、ライブテキストニュースなどを無料で提供する。

 乗客が手持ちのスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなど無線LAN対応端末で利用できる。「Safari」や「Chrome」などウェブブラウザーでは、著作権保護技術「DRM」を用いた一部コンテンツを視聴できないことから、iPhoneやiPad、アンドロイド端末ではANAの公式モバイルアプリの利用を推奨している。また、大容量コンテンツをダウンロードすると、インターネット回線の速度が遅くなる場合がある。

 システムは、米パナソニックアビオニクス製の機内ワイヤレスエンターテインメントサービス「eXWireless」を採用した。

 ANAは2014年3月1日から国際線で、国内線では2016年1月25日から、機内インターネット接続サービスをそれぞれ導入している。国内の航空会社では、日本航空(JAL/JL、9201)が2012年7月15日から国際線で、2014年7月23日から国内線で「JAL SKY Wi-Fi」サービスの提供を開始した。

 ANAウイングスは、伊丹や中部(セントレア)などから、おもに地方路線を運航している。

関連リンク
ANA Wi-Fi サービスのご案内 [国内線](ANA)

ANA Wi-Fiサービス試用リポート
ANA国内線Wi-Fiサービス、一足先に使ってみた(16年1月25日)

ANAのWi-Fiサービス
ANA、国内線で機内ネットサービス 17年度末までに100機(16年1月22日)
スポーツ生中継に3D航路図 特集・エンタメ充実のANA国際線787-9に乗ってみた(15年5月24日)
ANA、787-9国際線仕様機が就航 最新エンタメ機器搭載(15年5月5日)
ANA、787-9国際線仕様を5月就航 リアルタイムでテレビ視聴も(15年4月29日)
ANAも国際線で無線LANサービス 3月開始(14年2月26日)

JALのWi-Fiサービス
JAL、国内線Wi-Fi専用アプリ 接続の手間軽減(15年9月12日)
JAL「スカイWi-Fi」、一足先に使ってみた(14年7月20日)
JAL、本革シートの国内線新仕様機 あすから福岡線就航(14年5月27日)
「我々には後がない」 JALが背水の陣で挑む国際線機内ネット接続「JAL SKY WiFi」(12年7月14日)