エアライン — 2016年3月1日 20:50 JST

JTA、17年度新卒採用 総合職とCA

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)は3月1日、2017年度入社の総合職業務企画系(事務・技術系)と客室乗務員(CA)の新卒採用を実施すると発表した。いずれも正社員として採用する。

 採用数は総合職とCAともに若干名を予定。いずれも同社ウェブサイトの採用ページからプレエントリーしてIDとパスワードを取得後、エントリーシートを5月2日必着で提出する。

総合職

17年度新卒採用を日本トランスオーシャン航空=16年2月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 対象は2017年3月までに4年制大学、大学院を卒業・修了見込みの新卒者と、2012年4月以降に4年制大学、大学院を卒業・修了した既卒者で、学部・学科や国籍・性別は問わない。2017年4月1日以降、会社が指定する時期の入社となる。また、既卒者の要件に合う社会人経験者も応募できる。

 書類審査と面接試験、筆記試験で選考。書類は5月、面接と筆記は6月に実施する。会場は那覇と東京を予定している。

客室乗務員

 対象は2017年3月31日までに専門学校(2年制課程以上)や短期大学、4年制大学、大学院を卒業・修了見込み、または卒業・修了している人。学部・学科や国籍・性別は問わない。2017年4月1日以降、会社が指定する時期の入社となる。

 応募できる健康状態は、コンタクトレンズ矯正視力が両眼とも1.0以上、呼吸器や循環器、耳鼻咽喉、眼球などの状態が航空機乗務に支障ないこと。那覇空港へ公共交通機関を利用して1時間以内で通勤可能な圏内に居住できることや、簡単な日常会話ができる英語力なども求めている。

 書類審査と面接試験、筆記試験で選考。書類は5月、面接と筆記は6月に実施する。会場は那覇と福岡、東京を予定している。

関連リンク
採用情報(日本トランスオーシャン航空)

22年ぶりの新機材就航
日本トランスオーシャン航空、737-800就航 22年ぶり新機材(16年2月10日)
本革シートに沖縄らしさプラス 写真特集・JTAの737-800初披露(16年2月9日)

他社も採用開始
JAL、17年度新卒採用 企画職とパイロット、CA正社員で(16年2月29日)
ANA、17年度新卒採用 総合職とCA正社員で(16年3月1日)
スターフライヤー、17年度新卒採用 総合職とCA、副操縦士、整備士(16年3月1日)