エアライン — 2016年2月29日 19:50 JST

JAL、17年度新卒採用 企画職とパイロット、CA正社員で

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は2月29日、2017年度入社の業務企画職(地上職事務系・技術系)と運航乗務員訓練生(自社養成パイロット)、客室乗務員(CA)の新卒採用を実施すると発表した。3月1日から開始し、すべて正社員で採用する。

17年度に新卒者を採用するJAL=15年11月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 採用人数は、業務企画職が事務系70人程度と技術系30人程度の約100人、訓練生は約60人、CAが約350人を予定している。昨年度に続き、業務企画職で障がい者採用を実施する。

 今年4月の入社予定者数は、業務企画職のうち事務系が79人、技術系が29人、訓練生が60人、CAが約310人となっている。

業務企画職

 業務企画職は、4年制大学または大学院修士課程を2014年4月から2016年3月までに卒業・修了している人と、2016年4月から2017年3月までに卒業・修了見込みの人が対象。学部学科は事務系は不問、技術系は理工系学部学科としている。

 書類選考の後、面接や筆記試験などを実施する。1次選考は東京と大阪、札幌、名古屋、福岡の5都市で実施を予定している。障がい者採用の選考会は東京のみ。

運航乗務員訓練生

 訓練生の新卒採用は、4年制大学または大学院修士課程を2013年4月から2016年3月までに卒業・修了している人と、2016年4月から2017年3月までに卒業・修了見込みの人が対象。学部学科は不問で、既卒者は就業経験がある人も受験可能としている。

 応募条件は、心身ともに健康で航空業務に支障なく、矯正視力が両眼とも1.0以上で裸眼視力の条件はなく、各眼の屈折率が-6.0から+2.0ジオプトリー内であること。

 選考では、筆記試験や面接、適性検査、身体検査などを実施。1次選考は東京と大阪、札幌、仙台、福岡の5都市で実施を予定している。

客室乗務員

 CAは専門学校や高等専門学校、短期大学、4年制大学、大学院修士課程を、2016年4月から2017年3月までに卒業・修了見込みで、2017年2月以降、会社の指定する時期に入社できる人を対象としている。学部学科は不問。

 応募できる健康状態は、呼吸器や循環器、耳鼻咽喉、眼球、脊髄、心身の状態などが航空機乗務に支障なく、コンタクトレンズ矯正視力が両眼とも1.0以上であること。

 書類選考を経て面接や筆記試験、健康診断や体力測定、適性検査などを実施する。1次選考は、東京と大阪、札幌、名古屋、福岡の5都市で実施を予定している。

 JALでは2015年12月、今年4月1日以降に入社するCAを正社員採用すると発表している。(関連記事

関連リンク
JAL採用情報

JAL関連
JAL、企画職の経験者採用 8月以降入社(16年2月16日)
JAL、客室乗務員を正社員採用へ 16年度から(15年12月15日)
植木社長「新しいことに挑戦する勇気を」JAL、15年度入社式(15年4月2日)

他社も採用開始
JAL、17年度新卒採用 企画職とパイロット、CA正社員で(16年2月29日)
ANA、17年度新卒採用 総合職とCA正社員で(16年3月1日)
スターフライヤー、17年度新卒採用 総合職とCA、副操縦士、整備士(16年3月1日)
JTA、17年度新卒採用 総合職とCA(16年3月1日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post