MRJ, エアライン, 機体, 解説・コラム — 2015年4月18日 06:03 JST

MRJ「製造中止まっぴらごめん」 ANAHD片野坂社長インタビュー(中)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 4月1日にANAホールディングス(9202)の社長に就任した片野坂真哉氏。全3回となる片野坂社長への単独インタビュー第2回は、三菱航空機が10日に初飛行の遅れを発表した、リージョナルジェット機「MRJ」やコスト削減について。

 ANAHDはMRJのローンチカスタマーで、確定発注15機とオプション10機の計25機を発注済み。初号機の引き渡しは2017年4-6月期となる見通しで、飛行試験機の5号機にはANAカラーが施される。

4月からグループを率いるANAホールディングスの片野坂真哉社長=4月16日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

*サービスや求める人物像などについて聞いた下編はこちら
*国際線の空白地帯への進出や、国内線の戦略、2社あるLCCを統合するかを聞いた上編はこちら

─ 記事の概要 ─
二度あることは三度あるが“四”はない
スタッフ自らの工夫でコスト削減

二度あることは三度あるが“四”はない

──MRJのスケジュールが見直しになり、初飛行が9-10月期に延期となった。デリバリースケジュールはそのままだが、どのように感じているか。

MRJのデリバリー遅れは「ないと信じている」と語るANAホールディングスの片野坂社長=4月16日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

片野坂社長:私どもにもきっちり説明があった。「(2017年4-6月期の)デリバリーは遅らせません。初飛行を確実なものにするために、エンジンをはじめとする準備をしっかりしたものにするためです」というもので、納得している。

 一番大事なことはデリバリーだ。今まで3回遅れている。このことで、代わりの小型機を購入しており、私たちは負担がある。今回、デリバリー遅れはないと信じている。

 「二度あることは三度ある」と言うが、


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。