エアライン, 解説・コラム — 2015年4月20日 06:00 JST

「要望を見抜く観察力が大事」 ANAHD片野坂社長インタビュー(下)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 4月1日にANAホールディングス(9202)の社長に就任した片野坂真哉氏。全3回となる片野坂社長への単独インタビュー最終回は、サービスや求める人物像について。

 「次は宇宙へ」と今年の入社式の寄せ書きに記した気持ちや、おもてなしをはじめとするサービスへの思い、来年入社する人に求めることなどを聞いた。

4月からグループを率いるANAホールディングスの片野坂真哉社長=4月16日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

*初飛行の遅れが発表されたMRJやコスト削減について聞いた中編はこちら
*国際線の空白地帯への進出や、国内線の戦略、2社あるLCCを統合するかを聞いた上編はこちら

─ 記事の概要 ─
内なる宇宙へ
観察力を養う
飽きっぽい人は向かない

内なる宇宙へ

──1日の入社式では、寄せ書きに「次は宇宙へ」と記された。1月には10年後を見据えた長期戦略構想を発表しているが、どのように目指すか。

「自分の内なる宇宙にチャレンジして欲しい」=4月16日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

片野坂社長:長期戦略構想を発表した際、私たちは「トップキャラバン」と称して、役員が職場に赴き、目的を説明した。その時に社員から「どういう意味だ」と質問が出た。社員向けパンフレットの一番最後のページに載っているので、「宇宙に進出するのか」と聞かれた。

 私は、「将来ANAが宇宙に出ることがあるかもしれないが、


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。