エアライン, 官公庁 — 2015年8月13日 09:40 JST

慰霊の園で追悼慰霊式 村長「風化防ぎ、次世代につなぐ」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空123便墜落事故で乗客乗員520人が亡くなり、30年が経った8月12日夜、墜落現場となった群馬県多野郡上野村の追悼施設「慰霊の園」で、追悼慰霊式が開かれた。遺族252人や上野村村民、自治体や国土交通省航空局(JCAB)、日本航空(JAL/JL、9201)の関係者ら計356人が参列し、犠牲者の冥福を祈った。

慰霊の園で犠牲者の冥福を祈る参列者=8月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 関係者が献花した後、慰霊の園には犠牲者の数と同じ520本のろうそくに、火がともされた。羽田発伊丹行きJL123便(ボーイング747SR-100型機、登録番号JA8119)が墜落した午後6時56分を迎えると、参列者が黙祷(もくとう)をささげた。

 慰霊の園は村民有志が土地を提供し、村やJALによる公益財団法人・慰霊の園が1986年8月1日に開設した慰霊施設。持ち主がわからない遺品や事故記録などが展示されている展示棟は、1987年に完成した。今月8日からは、展示スペースを約1.5倍に改修し、一般公開を再開した。

 追悼慰霊式で慰霊の園理事長の神田強平・上野村村長は、事故の風化を防ぎ、次の世代につなぐことを誓った。一方で、村民の高齢化が進み、若年者の定住化を課題に挙げた。

 JALでは、事故後に入社した社員が全体の91.3%を占めるようになった。グループ社員3万2000人に加えて、地方空港でカウンター業務やグランドハンドリングを委託する企業などの3000人を合わせた3万5000人に対して、安全教育を実施しているという。一方、社外に対する風化抑止も課題となっている。

 整備士出身のJALの佐藤信博副社長は、「他の交通機関とも連携し、安全について我々が他業種の事例も含めて、みなさんに安全を強く意識していただける活動をしていきたい」と、今後の抱負を述べた。

 12日は30年の節目とあり、墜落現場の御巣鷹山を多くの遺族や関係者らが慰霊登山に訪れた。救出活動時にヘリポートが造成された尾根にある「昇魂之碑」を参拝し、「鎮魂の鐘」を鳴らしていた。午後4時の時点で、過去最多となる106家族406人が御巣鷹山を訪れた。これまでの最多は、20年目を迎えた2005年の103家族405人だった。

慰霊の園で献花する遺族=8月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

慰霊の園に献花し一礼する前原誠司元国土交通相=8月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

慰霊の園に献花し一礼する国土交通省の田村明比古航空局長=8月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

慰霊の園に設けられた献花台へ向かうJALの植木義晴社長(手前)と大西賢会長=8月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

慰霊の園に献花するJALの植木社長(手前)と大西会長=8月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

慰霊の園に献花し犠牲者の冥福を祈るJALの植木社長(手前)と大西会長=8月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

慰霊の園のろうそくに火をともす遺族=8月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

慰霊の園のろうそくに火をともす遺族=8月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

犠牲者数と同じ520本のろうそくがともされた慰霊の園=8月12日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
日本航空
上野村
8・12連絡会

高齢化する遺族 より訪れやすい御巣鷹山を(15年8月13日)
日航機墜落から30年 植木社長、安全誓う「いかなる妥協、言い訳通用しない」(15年8月12日)
「初心に帰る日に」8・12連絡会の文集『茜雲 日航機御巣鷹山墜落事故遺族の30年』(15年8月11日)
植木社長「事故忘れず安全守る」 JAL、66期株主総会(15年6月17日)
JAL、新非常救難訓練センター公開 よりリアルな訓練実現(14年3月18日)
「頭を下げてヘッドダウン」JAL非常救難訓練センター、35年の歴史に幕(14年3月2日)
東京消防庁とJAL、747模型で合同救難訓練 東京湾緊急着水を想定(14年2月19日)