エアライン, ボーイング, 機体 — 2015年3月18日 11:03 JST

ボーイング、787-9サウスカロライナ製初号機納入 ユナイテッド航空に

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングは現地時間3月17日、サウスカロライナ州ノースチャールストン工場で生産する787-9型機をユナイテッド航空(UAL/UA)に引き渡したと発表した。同工場製の787-9初号機で、787としては250機目となる。

ユナイテッド航空のサウスカロライナ製787-9初号機=3月15日 PHOTO: Gary Coleman/Boeing

 同工場では2013年1-3月期(第1四半期)に787-9の製造を開始した。胴体の中部と後方部を組み立て、ワシントン州エバレット工場で最終組立を実施した。2014年11月にはノースチャールストン工場で最終組立を開始。今年1月にロールアウト(完成披露)し、2月には初飛行を実施した。その後、FAA(米国連邦航空局)の認証を受け、同工場製の787-9を納入できるようになっている。

 787-9の生産は、2013年5月からエバレット工場でスタートした。2015年2月末現在、ニュージーランド航空(ANZ/NZ)とUAL、ヴァージン アトランティック航空(VIR/VS)に3機ずつ、全日本空輸(ANA/NH)とエティハド航空(ETD/EY)に2機ずつ、スクート(SCO/TZ)とオランダの航空機リース会社、エアキャップに1機ずつ、7社に計15機を引き渡している。

 ノースチャールストン製の787-9は、UALの4機目。787-8は12機保有している。

 787の生産ラインはエバレットで2ライン、ノースチャールストンで1ライン稼働。エバレットは月産7機で、ノースチャールストンは現在の3機を2016年に5機、2019年に7機と段階的に増産する。2工場合計で、現在の月産10機を2016年に12機、2019年までには14機体制に引き上げる。

 ノースチャールストンでは、2017年から787の中で機体が最も大きい787-10の最終組立を開始予定。標準型の787-8と長胴型の787-9は、エバレットとノースチャールストンの2工場で最終組立を実施する。

関連リンク
Boeing
ボーイング・ジャパン
ユナイテッド航空

FAA、サウスカロライナ製787-9認証(15年3月6日)
ボーイング787-9の最終組立、サウスカロライナも稼働(14年11月25日)
戦闘機のように急上昇するボーイング787-9 写真特集・ファンボロー2014展示飛行(終)(14年7月28日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post