ボーイング, 機体 — 2015年1月21日 08:23 JST

富士重工業、ボーイング777X中央翼の新工場着手 16年完成

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 富士重工業(7270)は1月20日、愛知県半田市の半田工場敷地内の新工場について、建設に着手したと発表した。ボーイングが開発中の次世代大型機777X向け中央翼の組立工場となる。航空機の組立工場としては3棟目で、2016年に完成予定。

半田工場内に新設する777X向け中央翼新工場の完成予想図(富士重工の資料から)

 777Xは現行の777の後継機で、生産開始は2017年、初号機の引き渡しは2020年を予定している。富士重が製造する中央翼は、胴体と主翼をつなぐ重要な部位。半田工場では777と787の中央翼や、防衛省の哨戒機P-1と次期輸送機C-2の中央翼などの組立作業を行っている。

 新工場を含む777X関連の設備投資額は100億円規模を予定。中央翼の組立作業の集積や、完成品の輸送効率を考慮し、半田工場内に新設を決めた。富士重では半田工場について、「世界に例を見ない、中央翼生産センターとなる」としている。

 また、新工場は2014年12月17日、愛知県による「21世紀高度先端産業立地補助金」の「平成26年度第2回補助対象案件」に選定されている。

 777Xは777-8Xと777-9Xの2機種で構成。3クラスの標準座席数は777-8Xが350席、777-9Xが400席、航続距離は777-8Xが9300海里(1万7220キロメートル)以上、777-9Xが8200海里(1万5185キロメートル)以上を計画している。

 日本の航空会社では、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が、777-9Xを777-300ERの後継機として20機を7月に正式発注した。

 777Xの製造には、富士重など日本企業5社が参画。分担割合は現行の777と同じく、主要構造部位の約21%となる。

関連リンク
富士重工業
Boeing
ボーイング・ジャパン

777X関連
東都工業、鹿沼新工場で777Xの部品受注目指す(14年12月30日)
ボーイング、東レから777Xの主翼用複合材調達(14年11月17日)
777Xの快適性「最低でも787レベルに」 ボーイングのウォジックSVP(14年11月11日)
ボーイング、777Xの主翼生産拠点着工 エバレットに16年5月完成(14年10月22日)
ジャムコ、777X用ラバトリー独占受注 787向けも契約更新(14年9月5日)
ANA、777-9XとA321neoなど70機正式発注 16年度から受領(14年7月31日)
ボーイング777X、787並みの気圧と湿度に(14年7月16日)
ボーイング777Xの分担比率21% 現行777踏襲(14年6月12日)
ボーイング、777Xをローンチ 史上最多259機の発注コミットメント獲得(13年11月18日)

愛知県関連
愛知県、都内で航空宇宙産業を誘致 川重新工場「大変なご支援」(14年10月24日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: