ヤマトのA321クロネコ貨物機、羽田8/1就航 スプリング・ジャパン運航を国交省許可

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国土交通省航空局(JCAB)は、日本航空(JAL/JL、9201)傘下のスプリング・ジャパン(旧春秋航空日本、SJO/IJ)が申請していた羽田空港への就航を、6月21日付で許可した。国交相の諮問機関である運輸審議会が同社の申請に対し「許可が適当」と13日に答申したことを受けたもの(関連記事)。スプリング・ジャパンは、ヤマトホールディングス(9064)の“クロネコ貨物機”で8月1日から羽田へ乗り入れる。

羽田を出発する訓練飛行で飛来したヤマトのA321ceo P2F貨物機=23年12月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 ヤマトHDは4月11日に、エアバスA321ceo P2F型貨物機の運航を成田空港を拠点に開始。JALグループが整備などを担い、スプリング・ジャパンが運航する。今回の許可により、羽田-札幌(新千歳)と北九州の2路線に、貨物専用便を深夜早朝帯に1日1往復ずつ運航する。

 羽田-札幌線の運航スケジュールは、羽田行きIJ410便が札幌を午前1時20分に出発し、午前3時着。札幌行きIJ411便は午前4時15分に羽田を出発して、午前5時55分に到着する。

 北九州線は、羽田行きIJ444便が北九州を午前1時40分に出発し、午前3時15分着。北九州行きIJ445便は午前4時55分に羽田を出発して、午前6時40分に到着する。

 A321P2Fは、中古のA321ceo(従来型A321)旅客機を貨物専用機に改修したもので、10トン車約5-6台分に相当する1機当たり28トンの貨物を搭載でき、東京を起点にすると台湾や香港まで飛行できるという。ヤマトHDは3機リース導入し、改修作業はエアバスとSTエンジニアリング(シンガポール)の合弁会社、独エルベ・フルクツォイヴェルケ(EFW)社がシンガポールで行った。

 羽田には訓練飛行で2023年12月12日に初めて姿を現した(関連記事)。

 羽田を含む成田と伊丹、関西、福岡の5空港は、乗り入れに国交相による事前許可を必要な「混雑空港」に指定されている。審議会では許可が適当かを審議する。運輸審議会での審議対象となるのは、混雑空港に乗り入れる国内線のみで、国際線は対象外となる。

運航スケジュール
羽田-札幌線
IJ410 札幌(01:20)→羽田(03:00)
IJ411 羽田(04:15)→札幌(05:55)

羽田-北九州線
IJ444 北九州(01:40)→羽田(03:15)
IJ445 羽田(04:55)→北九州(06:40)

関連リンク
スプリング・ジャパン
国土交通省
羽田空港

運輸審議会の答申
運輸審議会、スプリング・ジャパンの羽田就航「適当」 8/1から“クロネコ貨物機”(24年6月13日 )
スプリング・ジャパンの羽田就航、運輸審議会が審議 “クロネコ貨物機”で2路線(24年5月10日)

クロネコ貨物機
ヤマトとJALのクロネコ貨物機、3号機成田到着へ A321P2F、夏には羽田就航も(24年4月18日)
ヤマトHD、“クロネコ貨物機”増機検討 A321P2F、需要見極め新就航地も(24年4月11日)
ヤマトとJAL、クロネコ貨物機A321P2F就航 長距離トラック補完(24年4月11日)

羽田初飛来
ヤマトのクロネコ貨物機、羽田から成田へ 訓練初日(23年12月12日)
ヤマトのA321貨物機、羽田に初飛来 来夏就航(23年12月12日)

ヤマトとJALの貨物事業
ヤマトとJALのクロネコ貨物機A321P2F、成田でお披露目 4/11就航へ(23年11月20日)
JALはなぜ”禁じ手”貨物機を解禁するのか 特集・ヤマトと組むコロナ後の貨物戦略(23年5月4日)
JALとヤマトのA321貨物機、なぜスプリング・ジャパンが飛ばすのか(22年11月22日)