官公庁, 機体 — 2022年9月21日 23:38 JST

次期ステルス爆撃機B-21、12月にロールアウト

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ノースロップ・グラマンは現地時間9月20日(日本時間21日)、開発中のステルス戦略爆撃機B-21「Raider(レイダー)」を12月第1週にカリフォルニア州パームデールの同社施設でロールアウト(お披露目)すると発表した。

12月にロールアウトする見込みのB-21(ノースロップ・グラマン提供)

 除幕式は招待者のみを対象に開かれる。6機のB-21試験機は、パームデールで最終組立段階に入っているという。ノースロップ・グラマンと米空軍は今年5月に、B-21の初飛行が2023年になるとの見通しを示しており、初飛行の時期は地上試験の結果に基づいて決定する。

 第6世代機となるB-21は、退役が見込まれている米空軍のB-1とB-2を置き換え、1955年から運用しているB-52と併用する形で導入を始め、順次更新する見通し。ノースロップ・グラマンは2015年に契約を締結し、米空軍は少なくとも100機を調達する見込みで、200機近くなる可能性がある。

関連リンク
U.S. Air Force
Northrop Grumman

次期ステルス爆撃機B-21、ロールアウトは今年後半 初飛行は23年(22年5月28日)
次期ステルス爆撃機B-21、米空軍が先行調達1.9億ドル授与(22年4月20日)
米空軍、B-52新エンジンにF130選定 ロールス・ロイスが受注(21年9月28日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post