エアライン, 空港 — 2022年7月14日 12:57 JST

スカイマーク、羽田-下地島10万人達成 洞社長、コンテスト枠獲得に手応え

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スカイマーク(SKY/BC)は7月14日、羽田-下地島線の累計搭乗者数が10万人を突破した。就航から1年9カ月での達成となる。同路線は国土交通省航空局(JCAB)の羽田発着枠政策コンテストで暫定的に運航が認められている路線で、同社の洞駿(ほら・はやお)社長は発着枠の獲得に自信を見せた。

出発準備が整うスカイマークの羽田発下地島行きBC613便=22年7月14日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

—記事の概要—
日本全国に「スカイマークの下地島」アピール
洞社長「リピーターになって」

日本全国に「スカイマークの下地島」アピール

コンテスト枠獲得に手応えを見せるスカイマークの洞社長=22年7月14日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 同社は2020年10月25日に、下地島への乗り入れを開始。羽田と神戸、那覇の3路線を同時開設した。このうち羽田線が「コンテスト枠」で、2022年冬ダイヤ最終日の2023年3月25日までが評価対象のトライアル運航期間となる。発着枠は3月までの実績により、スカイマークの下地島線か日本航空(JAL/JL、9201)の三沢線のいずれかに最終的な配分が決まる見込み。

 下地島は沖縄・宮古島市に属し、宮古島とは伊良部大橋を経由して陸路でつながっている。洞社長は下地島線について「そもそも下地島と宮古島の位置関係が分からないなど、認知度が圧倒的に足りなかった」とし、2020年10月の就航以来、キャンペーンなどを通じ認知度向上に取り組んだと説明。今年7-8月の予約率は、前年同期を20ポイント近く上回る80%台半ばで推移しているという。今後は日本各地から下地島へのチャーター便を定期的に設定し、「日本全国に『スカイマークの下地島』をアピールしたい」と展望を語った。

 社内で“最重要案件”となっている発着枠獲得について、洞社長は「手応えを感じている」と述べ、獲得に自信を見せた。

羽田で出発を待つスカイマークの下地島行きBC613便(手前)。奥は発着枠を争うJALの三沢行き=22年7月14日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

洞社長「リピーターになって」

 10万人に到達したのは、14日の羽田発下地島行きBC613便。同便が出発した羽田空港第1ターミナル22番搭乗口で記念セレモニーを開催し、乗客に記念品を配布した。

 セレモニーであいさつした洞社長は同路線について「24路線ある路線の中でも、高い利用率を誇る」と紹介。就航以来1年9カ月の利用に謝意を示した。またコンテスト枠についても触れ、多くの利用者にリピーターになってもらい、宮古島の観光・産業の振興につなげたいとした。

 10万人目となった都内在住の坂本さん一家4人に、羽田発の往復航空券をプレゼントした。

 14日の下地島行きBC613便には、ポケットモンスター(ポケモン)の人気キャラクター「ピカチュウ」をデザインした特別塗装機「ピカチュウジェットBC」の2号機(ボーイング737-800型機、登録記号JA73NG)を投入。定刻の午前11時5分に羽田を出発し、180人(うち幼児8人)が利用した。

羽田-下地島線の累計搭乗者数10万人目の乗客となった坂本さん一家に往復航空券をプレゼントするスカイマークの洞社長(左)=22年7月14日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

羽田発下地島行きBC613便の乗客に記念品を手渡すスカイマークの洞社長(左)=22年7月14日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

羽田を出発するスカイマークの下地島行きBC613便=22年7月14日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関連リンク
スカイマーク

スカイマーク、仙台-下地島チャーター 10月まで継続(22年7月12日)
スカイマーク、羽田-下地島1万円 累計10万人で宮古島フェア(22年6月6日)
下地島空港、ターミナル利用客50万人到達 3年2カ月で(22年5月27日)
下地島空港、羽田発着枠獲得へ決意新たに スカイマーク洞社長「全力で取り組む」(22年3月28日)
スカイマーク、下地島就航1周年 13万人利用(21年10月26日)
下地島空港、航空貨物の実証事業 スカイマークらと連携、宮古圏の輸送強化(21年6月28日)
スカイマーク、下地島就航 羽田・神戸・那覇から、洞社長「三沢に勝てる」(20年10月25日)