エアライン — 2021年12月27日 17:22 JST

ANA、総合職の新卒採用3年ぶり再開 23年度入社

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)をはじめとするANAグループは12月27日、グローバルスタッフ職(旧総合職)の新卒採用を3年ぶりに再開すると発表した。パイロットや障がい者の採用も実施する。ANA本体など「ANAブランド」の客室乗務員は採用を見送るが、今後はキャリア採用(中途採用)も強化していくという。

総合職の新卒採用を3年ぶりに再開するANA=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ANA本体が2023年度入社で新卒採用を実施するのは、グローバルスタッフ職の事務系と技術系、運航乗務職(パイロット)、障がい者採用。卒業後3年以内で、他社に入社した人も応募できる。運航乗務職については、自社養成のパイロット訓練生を採用するかは今後詰める。

 事務系の業務分野は、オペレーション、ビジネス・マーケティング、コーポレート、「高度専門人財」として財務・IR、IT・データ。技術系は整備と運航技術となる。

 2023年度入社の新卒採用で、客室乗務員はFSC(フルサービス航空会社)のANAとエアージャパン(AJX/NQ)、ANAウイングス(AKX/EH)のANAブランド3社は採用を見送る。一方、LCC(低コスト航空会社)のピーチ・アビエーション(APJ/MM)は採用を実施するか検討を進めている。

 ANAグループは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、今年度と2022年度はパイロットなどを除き採用を見送った。2023年度は航空需要の回復や組織の活性化のため、採用を再開するという。詳細は決定次第グループ各社のウェブサイトなどで発表する。

 また、2022年度入社のキャリア採用(中途採用)の再開も決定。詳細は新年度に発表する見込み。

関連リンク
全日本空輸

ANA、退職5年以内の復職制度検討 グループに展開も(21年12月21日)
ANA、22年3月期最終赤字1000億円に 片野坂HD社長「第4四半期黒字化目指す」(21年10月30日)
ANA、航空事業2割人員削減 25年度末に3万人体制(21年2月5日)
ANA、22年度新卒採用は職種限定 パイロットなど(20年11月17日)