エアライン — 2021年12月9日 15:30 JST

JAL国内線、1月運航率97% 29路線729便減便、羽田幹線は全便運航

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は12月9日、一部の国内線を減便すると発表した。2022年1月5日から31日までの29路線729便が対象となる。羽田を発着する幹線は全便を運航する見通し。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者数減少を受け、国内線需要はおおむね回復傾向にあるものの、一部では回復していないことから減便が決まった。1月の月間運航率は97%となる。

1月の運航率が97%となるJALの国内線=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 期間中に1便も運航しない運休路線は2路線で、成田-札幌(新千歳)と成田-福岡の各線が対象となる。一部の日が運休となるのは6路線で、羽田-中部と成田-伊丹、成田-中部、札幌(丘珠)-女満別、鹿児島-松山、那覇-奄美大島の各線で一部運休が発生する。

 羽田路線では女満別と旭川、釧路、帯広、秋田の5路線で減便が発生する。羽田発着の幹線4路線は減便せず、全便の運航を計画する。

関連リンク
日本航空

ANA国内線、1月運航率95% 17路線862便減便、羽田幹線は全便運航(21年12月9日)
JAL、成田-ホノルル2月増便 1日1往復、北京は3月まで運休(21年12月2日)
JAL、空港・機内清掃に花王の知見 衛生状態を数値化、マニュアル改良(21年12月2日)
JALのクラスJ新品シート、6時間で完売 70周年で777-300未使用品放出(21年12月1日)
JAL国内線、コロナ以降初の運航率9割超え 12月減便、63路線2301便(21年11月11日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post