エアライン, 官公庁, 機体, 空港 — 2021年10月26日 20:30 JST

JAL、千歳基地発着の遊覧飛行 羽田-札幌就航70周年企画、自衛隊滑走路を離着陸

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)グループは10月26日、千歳市民を対象にした遊覧飛行を新千歳空港発着で実施した。JALの羽田-札幌(千歳)線就航70周年を記念したもので、離着陸時の滑走路は自衛隊のものを使用し、現在の新千歳空港開港前の就航時を再現。洞爺湖や札幌などを約30分遊覧した。

千歳基地の滑走路を離陸するHACのATR42-600で運航する遊覧飛行JL4367便=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 JL4366便として運航した遊覧飛行には、グループの北海道エアシステム(HAC、NTH/JL)が運航するATR42-600型機の初号機(1クラス48席、登録記号JA11HC)を投入。千歳市民40人(うち幼児4人)のほか、千歳市の山口幸太郎市長ら関係者を含め計48人が搭乗した。新千歳空港出発時は就航した70年前を再現し、現在は航空自衛隊千歳基地専用となっている滑走路(RWY18L)を午後3時20分すぎに離陸し、午後3時55分ごろに千歳基地へ戻った。

 離陸時は自衛隊機が任務中で、JL4366便は滑走路手前で雨の中30分以上待機。離陸後、乗客は拍手して喜んだ。また当初は羊蹄山やニセコなど、南西部上空をパイロットの判断で飛行できる「有視界飛行」で遊覧する予定だったが、悪天候のため管制の指示に従い飛行する「計器飛行」に変更。洞爺湖や札幌市の定山渓、札幌市内上空を巡った。離陸時の千歳付近は厚い雲に覆われ、離陸後は雲の切れ間から紅葉が進んだ地上を少しだけ見ることができた。

 このほかセレモニーでは、新千歳空港で旅客サービス業務とステーションオペレーション業務を担当するJALスカイ札幌の地上係員が、3代目から5代目までの制服を着用。就航70周年に華を添えた。

歴代制服を着用するJALスカイ札幌の地上係員。左から初代客室乗務員、3代目地上係員、4代目地上係員、5代目地上係員=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 遊覧飛行は午後3時のJL4366便のほか、午後4時30分すぎに出発したJL4367便も運航。千歳市民40人(うち幼児0人)のほか、千歳市の横田隆一副市長ら関係者を含め計44人が搭乗した。同便はJL4366便と同様のルートで飛行し、登別や室蘭、札幌市の藻岩山、札幌市内上空をを巡った。遊覧飛行には2便合わせて977人の千歳市民が応募。当選した市民は40組で、倍率は24.4倍となった。

 現在は航空自衛隊が千歳基地として使用している千歳空港は1926年に開港し、今年で95周年を迎えた。JALの羽田-札幌線は1951年10月26日に開設。当時は軍民共用の千歳空港を発着し、36人乗りのマーチン2-0-2型機で運航した。当時の日本は敗戦により国内の航空会社による運航が認められていなかったため、運航は米ノースウエスト航空(現デルタ航空)に委託していた。

 現在の新千歳空港は1988年7月20日に開港。民間空港として運用し、JALをはじめとした民間機はすべて新千歳空港発着に移った。

 遊覧飛行前の26日午前は、新千歳空港の発着1便目を記念便として運航。就航当時に着用していた客室乗務員の初代制服を着た社員らが横断幕を掲出するなどで、利用客に謝意を表した。

*写真は16枚。

新千歳空港のJALカウンターで遊覧飛行JL4366便への搭乗手続きを進める地上係員=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

JALの羽田-札幌線70周年を記念して制作した記念ロゴと遊覧飛行の搭乗券=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

JALグループの遊覧飛行JL4366便に搭乗する千歳市民の利用客=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

HACのATR42-600で運航するJALグループの遊覧飛行JL4366便に搭乗する千歳市民の利用客=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

JALグループの遊覧飛行JL4366便の乗客に横断幕を掲げるJALのスタッフら=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

JALグループの遊覧飛行JL4366便の機内から見た新千歳空港=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

JALグループの遊覧飛行JL4366便の機内から見た新千歳空港=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

JALグループの遊覧飛行JL4366便の機内=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

JALグループの遊覧飛行JL4366便の機内から見た洞爺湖付近=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

JALグループの遊覧飛行JL4366便の機内から見た紅葉が進む千歳市付近=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

千歳基地の滑走路を離陸するHACのATR42-600で運航する遊覧飛行JL4367便=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

千歳基地の滑走路を離陸するHACのATR42-600で運航する遊覧飛行JL4367便=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

千歳基地の滑走路を離陸するHACのATR42-600で運航する遊覧飛行JL4367便=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

千歳基地の滑走路を離陸したHACのATR42-600で運航する遊覧飛行JL4367便=21年10月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関連リンク
千歳市
日本航空
北海道エアシステム

羽田-札幌就航70周年
JAL、羽田-札幌就航70周年 CAの初代制服で利用客に謝意(21年10月26日)

HACのATR
HACのATR、3号機にワンワールド塗装 3機異なるデザインに(21年9月3日)
HACのATR、2号機が丘珠到着 初の通常塗装、20日就航(21年4月16日)
HAC、22年ぶり新機材ATR42就航 新型コロナで式典中止、初便は丘珠発釧路行き(20年4月12日)

写真特集・HAC ATR42-600初号機丘珠到着
前編 22年ぶり新機材
後編 サケや利尻昆布で北海道を表現

丘珠到着と機内の動画(YouTube Aviation Wireチャンネル
機内初公開 HAC ATR42-600初号機 札幌・丘珠空港到着
HAC ATR42-600初号機 札幌・丘珠空港へ到着