エアライン — 2021年7月21日 17:55 JST

スターフライヤー、北九州-那覇お盆増便中止 1日1往復のみ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は7月21日、お盆期間に予定していた北九州-那覇線の増便について、計画を取りやめると発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によるもので、期間中はほかの日にちと同様、1日1往復ずつ運航する。

北九州-那覇線のお盆期間増便を取りやめるスターフライヤー=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 繁忙期を中心に1日1往復運航する北九州-那覇線は、お盆期間にあたる8月6日から16日まで、当初1日2往復への増便を計画していた。今回の計画では、増便分となる2便目の北九州発那覇行き7G99便と、那覇発北九州行き7G98便を運休する。

 同路線のお盆期間中の運航スケジュールは、那覇行き7G97便が北九州を午前9時15分に出発し、午前11時5分着。北九州行き7G96便は午前11時50分に那覇を出発し、午後1時35分に到着する。

関連リンク
スターフライヤー

スターフライヤー、8月運航率82.8%に 羽田-福岡・北九州で追加減便、7月は72.5%(21年7月15日)
スターフライヤー、那覇線利用でシミュレーター体験 2組にプレゼント(21年7月2日)
スターフライヤー、北九州-那覇4月再開へ 繁忙期のみ、お盆は1日2往復に(21年1月21日)