エアライン — 2021年6月25日 16:45 JST

JAL、帰着後も国内線PCR検査 出発前とセット、22年1月まで

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は6月25日、国内線の出発前に提供しているPCR検査について、帰着後にも受けられるようにすると発表した。28日午後3時から受け付ける。

JALが提供しているPCR検査キット=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 検査の申込は12月26日までで、対象搭乗期間は2022年1月10日まで。出発7日前までに専用サイトから申し込むと、唾液によるPCR検査のキットが2セット郵送される。自宅などで採取し、出発時は2日前まで、帰着後は早期に返送すると、電子メールで結果が通知される。

 出発前と帰着後の検査料金は、セットで3960円。5000マイルでも利用できる。地方から大都市圏へ移動する利用客への提供を見込む。出発前の料金は変更なく、1980円か2500マイルとなる。帰着後のみの申し込みは不可。

 JALのPCR検査は、今年3月から提供。同社のマイル制度「JALマイレージバンク(JMB)」会員のほか、非会員も利用できる。JALによると、これまで3万人以上が利用したという。

関連リンク
JAL国内線PCR検査サービス

[体験記]JAL、2000円でPCR検査 唾液採取し郵送(21年3月25日)
JAL、国内線PCR検査サービス延長 マイル非会員も利用可に(21年6月4日)
JALのコロナ対策、米英2機関が最高評価 APEXとSKYTRAX(21年3月22日)
JAL、国内線旅客にPCR検査 マイル会員、2000円で(21年3月1日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post