エアライン, 企業, 空港 — 2021年4月12日 19:46 JST

成田空港、制限エリア巡るバスツアー 食と旅融合、オンライン版も

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 成田国際空港会社(NAA)のグループ会社グリーンポート・エージェンシー(GPA)は、地域活性や観光振興を目的としたツアーを企画・販売している。成田空港周辺の食や自然などと空港の魅力を融合した「食旅」をテーマとした商品で、クラウドファンディングのプラットフォーム「CAMPFIRE」を通じ提供する。5月9日まで。

GPAが「食旅」をテーマとしたツアーを展開する成田空港=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 「成田空港発! 食旅プロジェクト」と名付けた企画で、オンラインツアーに周辺エリアのグルメを追加したプランや、空港見学ツアーを組み合わせた商品を計7プラン用意する。

 バスで巡る見学ツアーは3種類で、空港の制限エリアで機体を見学するツアーと、周辺の観光施設への入場をセットにして提供。空港そばの温泉施設「空の湯」でのランチや、日本航空(JAL/JL、9201)の子会社で観光農園などを手掛けるJAL Agriport(JALアグリポート、成田市)が成田空港近くで運営するレストラン「DINING PORT 御料鶴(ごりょうかく)」でのランチのほか、空港内を貸切バスで巡るツアーも用意する。

 滑走路をオンラインで見学できるツアーは4種類で、佐原地域特産の焼き鳥やサツマイモをセットにしたプランや、九十九里のクラフトビール付きの商品、JAL系LCCのZIPAIR(ジップエア、TZP/ZG)の機内限定グッズ付きの商品を用意。このほかオンラインツアー単体の商品も提供する。

 いずれのプランも5月9日まで、CAMPFIREで販売する。

関連リンク
グリーンポート・エージェンシー
【成田空港発!】食旅プロジェクト(CAMPFIRE)

ZIPAIR、初のオンライン機体見学 2月にライブ中継、CAが案内(21年1月26日)
JAL系レストラン御料鶴、CAが機内食提供(20年11月12日)
成田空港、オンライン見学ツアー第2弾 特産品はクラフトビールやイチゴのミルクプリン(20年11月12日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post