エアライン, ボーイング, 機体 — 2021年1月14日 06:00 JST

DHL、777F貨物機を8機追加発注 22機に

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 DHLエクスプレスは現地時間1月13日、ボーイング777F貨物機を8機追加発注したと発表した。最初の機体は2022年に受領予定で、大陸間路線の拡充を進める。また、4機のオプション(仮発注)と購入権についても合意した。

DHLの777F(同社提供)

 DHLは、2018年7月に777Fを14機発注しており、2019年から10機受領済み。貨物搭載量は102トンで、航続距離は9200キロ(4970海里)。同社では長距離路線でテクニカルランディング(給油のための着陸)を減らし、着陸料を削減できることから、輸送コストを削減できるとしている。これまでの大型貨物機で主力だった747-400と比べ、二酸化炭素(CO2)排出量を18%削減できる。

 DHLによると、2020年10-12月期(第4四半期)はグローバルEコマースの取扱量が前年同期比で40%以上増加したという。DHLエクスプレスのジョン・ピアソンCEO(最高経営責任者)は、「Eコマースは、永続的なメガトレンドであるとの確信をより強固にした」とコメントしている。今後は新型コロナウイルスのワクチン輸送にも活用していく。

 また、2020年7月に中型貨物機767-300BCFを4機追加発注し、計55機となっている。

 777Fは、日本ではANAホールディングス(9202)傘下の貨物事業会社ANAカーゴ(ANA Cargo)が2機導入している。

関連リンク
DHL
Boeing
ボーイング・ジャパン

DHL
DHL、767-300BCF貨物機を4機追加発注 旅客機を転用(20年7月23日)
DHL、777Fを14機発注へ 19年納入開始(18年7月23日)
DHL、A330-300P2F初受領 貨物転用型、前方に大型ドア(17年12月5日)

写真特集・ANA 777Fお披露目
機内編 荷主席にコンセント完備の大型貨物機
外観編 “アオカケス”北米へ大型貨物

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: