エアライン, 空港 — 2021年1月12日 05:00 JST

JAPA、松山空港で航空教室 2月20日開催

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 公益社団法人・日本航空機操縦士協会(JAPA)は、航空業界を目指す若者を対象とした航空教室「Yes I Can 航空教室」を、2月20日に愛媛県の松山空港で開催する。

航空業界へ就職を希望する人向けの航空教室を開くJAPA=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 航空業界へ就職を希望する学生が対象。航空各社の協賛で開かれる教室で、今回は日本航空(JAL/JL、9201)の現役パイロット、客室乗務員、地上係員、松山空港の管制官が講師を務める。志望業界の第一線で働く人たちから話を聞くことができる。

 会場は松山空港2階団体待合室で、午後1時から午後5時まで。定員は20人で参加費無料。

関連リンク
日本航空機操縦士協会
松山空港

日本航空機操縦士協会、卓上カレンダー販売(20年12月5日)
女性パイロットや整備士が仕事紹介 航空5団体が女性向け航空教室(19年12月15日)

特集・JALパイロット自社養成再開から5年(全5回)
(1)ナパ閉鎖を経てフェニックスで訓練再開
(2)旅客機の感覚学ぶジェット機訓練
(3)「訓練は人のせいにできない」
(4)グアムで737実機訓練
(5)「訓練生がやりづらい状況ではやらせたくない」