エアライン, 空港, 解説・コラム — 2021年1月11日 23:20 JST

外観はQ400、客室はATR 鹿児島空港のJACモックアップ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国内を飛ぶターボプロップ機の若返りが徐々に進んでいる。2016年2月に天草エアライン(AHX/MZ)が2代目「みぞか号」(ATR42-600型機、登録記号JA01AM)を就航させ、国内の航空会社として初めてATR機を導入。2017年4月に日本エアコミューター(JAC/JC)、2020年4月には北海道エアシステム(HAC、NTH/JL)もATR機を就航させた。天草はボンバルディア(現デ・ハビランド・カナダ)DHC-8-100、JACはボンバルディアQ400とサーブ340Bからの置き換えで、HACも年内に3機のサーブ340BをすべてATR42-600に刷新する。

ATRを再現した客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 機材更新で課題となるのは、パイロットのライセンス移行や新たな整備機材の導入だが、客室乗務員が訓練に使う客室モックアップの改修も必要になる。非常脱出や機内サービスの訓練は通常、モックアップを使って実施される。このため、従来と異なる機種を航空会社が導入するのは思いのほかハードルが高く、負担が大きい。

 実機を使うことも可能だが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で大量減便が生じるまでは、どこの航空会社もほぼフル稼働。実機で訓練するとなれば、運航が終わった夜などに限られてしまい、訓練スケジュールを組みにくい。そこでモックアップと実機による訓練を組み合わせるなどの方法で、訓練を効率化している。

 JACの場合、Q400(1クラス74席)が2018年11月30日、サーブ340B(同36席)は2019年12月20日に退役し、ATR機への機材更新が完了。ATR42-600(同48席)が7機と、ATR72-600(同70席)が2機の計9機となった。これに伴い、JACが拠点を置く鹿児島空港の航空展示室「ソラステージ」内に展示されているモックアップも、2020年4月1日から8月6日まで改修工事が行われ、Q400を想定したものからATR機を模したものにリニューアルした。

後部搭乗口や前方非常口を新設したJACの客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 外観はQ400のまま内装をリニューアルし、前方の非常口や後部の搭乗口を新設。シートもATRの実機をイメージした本革仕様に端材を活用して衣替えし、後方のギャレー(厨房設備)や収納スペースも再現した。前方のシートはQ400のものをATR風にしたもので、後方はサーブなどのものを流用して機内を再現している。

 ソラステージは入場無料で、鹿児島空港の歴史といった資料展示に加え、本物のエンジン部品などを展示。モックアップも訓練がない時間帯などは見学できる。

*ATR42実機の機内はこちら
*写真は24枚。

客室モックアップ右側最前列はATR42の4席シートを再現=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

客室モックアップ左側最前列は非常口を新設=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

客室モックアップに設置されたQ400のシート=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

客室モックアップに設置された元サーブ340Bのものとみられるシート=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

客室モックアップに設置されたシート=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ後部はギャレーや収納スペースも再現=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ後部はギャレーや収納スペースも再現=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ATRを再現した客室モックアップ後部はコントロールパネルなども再現=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

前方非常口や後部搭乗口を新設したJACの客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

前方非常口を新設したJACの客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

前方非常口を新設したJACの客室モックアップ=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

JACの客室モックアップ前方搭乗口。Q400時代のものでATRにはないが残置されている=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

JACの客室モックアップ前方搭乗口。Q400時代のものでATRにはないが残置されている=20年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
鹿児島空港
日本エアコミューター

JACのATR
日本初のATR72就航 写真特集・JAC ATR72-600の機内(18年12月10日)
特注ストレッチャーとおむつ台備え離島飛ぶ 写真特集・JAC ATR42初号機(17年3月15日)

JAC
「俺の名前、あったよ」 鹿児島空港で働く千人の名とJAC整備士がイラスト描く「あの日の空をもう一度」プロジェクト(20年12月31日)
JACのサーブ340B、20日に最終便 喜界島発鹿児島行きで退役(19年12月13日)
JACのQ400、ひっそり定期運航終える ラストは退役記念チャーター(18年12月1日)
JAC、ATR72就航 19年度サーブ退役で機材統一(18年12月1日)
JAC、レインボーQ400退役 旧JAS塗装すべて消える(17年4月30日)
JAC、ATR42就航 屋久島行き、9月に2号機(17年4月26日)