企業 — 2020年11月2日 13:45 JST

余剰機内食、クラファンで救え! ゲートグルメ、返礼品にホットサンド

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 成田と羽田、広島の3空港で機内食を製造するゲートグルメジャパンは、11月20日までクラウドファンディングを実施している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、納入先の各社便が運休していることから機内食の大量余剰が発生。納入予定だった冷凍のホットサンドを返礼品として用意し、食品ロスの軽減を目指す。

ゲートグルメジャパンがクラウドファンディングの返礼品で用意するホットサンドイッチ(同社提供)

 提供するのは機内食として製造したホットサンドイッチで、「ピザバー マルガリータ」と「ストロンボリ ラテトゥイユ&チーズ」の2種類を用意。10個入りを3000円、24個入りを6000円、36個入を9000円で提供し、12月中に冷凍の宅配便で届ける。賞味期限は最短のもので2021年1月14日まで。

 クラウドファンディングのプラットフォーム「CAMPFIRE」を活用し、500万円を目標とする。11月2日午後1時現在、262人から105万5800円の寄付があった。

 ゲートグルメジャパンは、ゲートグループ(スイス・チューリッヒ)の日本法人で、成田と羽田、広島の3空港で、タイ国際航空(THA/TG)など海外の航空会社向けに機内食を製造している。グループ全体では60カ国に200カ所以上の専用機内食工場を持ち、年間7億人の乗客に機内食を提供している。

ゲートグルメジャパンがクラウドファンディングの返礼品で用意するホットサンドイッチ(同社提供)

ゲートグルメジャパンがクラウドファンディングの返礼品で用意するホットサンドイッチ(同社提供)

関連リンク
Gate Gourmet(Gate Group)
コロナショックで飛行機が飛ばない!大量の食品ロスを救いたい。(CAMPFIRE)

自宅で機内食いかが? ゲートグルメが通販、クリスマスメニューも(20年12月18日)
エミレーツ航空、日本-ドバイ路線に和食新メニュー(16年9月5日)