エアライン — 2020年7月10日 16:09 JST

ANAの21年度新卒採用、中止決定 パイロットと障がい者採用は継続

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)をはじめとするANAグループは7月10日、2021年度入社の新入社員採用を中止すると発表した。中国から拡散した新型コロナウイルスの感染拡大によるもの。すでに内定を通知した人は採用し、自社養成パイロット訓練生と企画職の障がい者採用は継続する。

21年度新卒採用中止を決定したANAグループ=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下のANAやピーチ・アビエーション(APJ/MM)などANAグループは、5月8日に2021年度採用を中断すると発表。新型コロナの影響の長期化懸念や、今後の事業計画の策定が困難な状況が続いていることから、採用中止に至ったという。

 3月以降、ANAグループではグローバルスタッフ職(旧総合職)や客室乗務員など800人程度、ANAエアポートサービスやANA成田エアポートサービスをはじめとする国内各空港で地上係員など空港業務を担う各社で1750人程度など、グループ37社合計で約3200人を募集していた。

 このうち、整備系グループ会社などが専門学校生約600人に内定を出しており、内定者は採用する。

 現在のグループ社員は約4万5000人で、客室乗務員や間接部門などで一時帰休を実施している。ANAによると、5月末時点でグループ34社4万3500人が休業対象になっているという。

関連リンク
全日本空輸

ジェイエア、自社養成パイロット10年ぶり募集 21年10月入社(20年7月1日)
JALグループ、21年度採用中断 内定者は雇用へ、パイロットは継続(20年5月27日)
ANAグループ、21年度採用を一時中断 新型コロナ影響で(20年5月8日)
スカイマーク佐山会長、21年度採用「一旦中断」 ”見送り”から変更、再開時期は未定(20年5月18日)

【お知らせ】
4-5段落目を追記しました。(20年7月10日 17:14 JST)