エアライン, ボーイング, 機体, 空港 — 2020年1月29日 23:01 JST

武漢チャーター、2便目が羽田出発

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 外務省は1月29日夜、中国・湖北省武漢へチャーター第2便が羽田空港から出発したことを明らかにした。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、帰国を希望する日本人を乗せ、武漢天河国際空港を現地時間30日午前に出発し、羽田には午前中に到着する見通し。1便目と同様、マスクなどの支援物資も運ぶ。

羽田を出発する武漢チャーター第2便NH1951便(中央)=20年1月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 チャーター機は、第1便と同じ全日本空輸(ANA/NH)のボーイング767-300ER型機の国内線仕様機(登録記号JA607A)を使用。29日午後9時57分ごろ羽田空港の105番スポット(駐機場)からNH1951便として出発し、午後10時15分に離陸した。30日は、1便目と同じく羽田国内線第2ターミナル北側のサテライト施設に到着する。

 サテライトは、連絡バスを使用しなければ第2ターミナル本館と往来できないため、一般の空港利用者と動線を分けて感染拡大を防ぐ。

 29日に羽田へ到着した第1便は、帰国希望者206人が利用した。同便では日本政府からの緊急援助物資として、マスク約1万5000個、手袋5万双、防護メガネ8000個、サージカルマスク2000枚、個人用防護服セット50セットを運び、29日に中国側に武漢空港で引き渡した。

羽田を出発する武漢チャーター第2便NH1951便=20年1月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田を出発し滑走路へ向かう武漢チャーター第2便NH1951便=20年1月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田を出発し滑走路へ向かう武漢チャーター第2便NH1951便=20年1月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
全日本空輸
羽田空港
厚生労働省
外務省 海外安全ホームページ

武漢チャーター第1便
武漢チャーター機、羽田2タミサテライト”貸切”で感染防ぐ 普段は国内線用(20年1月29日)

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス、武漢便が一部欠航 ANAとJAL、CAがマスク着用(20年1月24日)

羽田2タミのサテライト
羽田空港、2タミのサテライト公開 ANA系12月から発着、吹き抜けで開放感演出(18年11月22日)

写真特集・羽田第2ターミナル サテライト
開放感とゆったりした席で差別化(18年11月24日)

【お知らせ】
外務省発表では午後10時15分に出発とありましたが、航空会社が指す出発時刻ではなく離陸時刻だったため、本文を一部修正しました。(20年1月29日 23:22 JST)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post