エアライン, 空港 — 2019年10月24日 19:34 JST

スカイマーク、5年ぶり成田再就航 11月からサイパン、市江社長「価値ある路線」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スカイマーク(SKY/BC)は10月24日、年内に開設を計画する成田-サイパン線と成田-中部(セントレア)線について、就航日と運航スケジュールを発表した。2路線とも11月29日に運航を開始し、サイパン線は1日1往復、中部線は週2往復運航となる。スカイマークが国際定期便を開設するのは初めて。成田への定期便は、2014年の撤退以来5年ぶりの再就航となる。

サイパン線の概要を説明するスカイマークの市江社長=19年10月24日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

—記事の概要—
サイパン毎日、中部週2往復
市江社長「価値ある路線選びたかった」
就航の決め手は「ETOPS機材」
14年10月に成田撤退

サイパン毎日、中部週2往復

 サイパン線の運航スケジュールは成田発が各日共通で、サイパン発は土曜のみ異なる。サイパン行きBC811便は成田を午前10時15分に出発し、午後3時に到着。折り返しの成田行きBC816便は午後4時35分にサイパンを出発し、午後7時30分に着く。土曜のサイパン発は30分遅発着する。

 中部線は、成田発を金曜と日曜、中部発を月曜と土曜に設定。スケジュールは各日とも共通となる。中部行きBC867便は成田を午後9時25分に出発し、午後10時40分に到着する。成田行きBC860便は午前6時40分に中部を出発し、午前8時に到着する。

 2路線とも11月1日から、予約受付を開始する。

市江社長「価値ある路線選びたかった」

サイパンに到着したスカイマークのサイパン行きチャーター初便BC801便=19年3月22日 PHOTO: Masahiro SATO/Aviation Wire

 成田-サイパン間は、今年3月22日にチャーター便として運航。ゴールデンウィークや夏休みなどの繁忙期を中心に、9月までに19往復運航し実績を重ねてきた。同路線は2018年5月までデルタ航空(DAL/DL)が運航していたが、現在は運休している。スカイマークの定期便化により、唯一の直行便の運航となる。

 都内で会見したスカイマークの市江正彦社長は、サイパン就航の狙いについて「他社とは違う、価値のある路線を選びたかった」と述べ、スカイマークが標榜する革新性のある路線だとした。

 本橋学・専務執行役員によると、日本からサイパンへの渡航者は最盛期は45万人で、現在は4万人程度だという。本橋専務は「他社(デルタ航空)の撤退後は直行便がなく、渡航者が10分の1程度に縮んだ。スカイマークが就航することで、年間6万5000人程度を送客できるようになる」と述べ、「現地からの期待も大きい」とサイパン側の反応も紹介した。

 サイパン線と同時開設する中部線は、週2往復で開始する。週2往復となった理由について市江社長は「成田の国際線にどのように接続するか。機材繰りだ」とした。将来的な増便については「利用状況を考慮し」と述べ、含みを持たせた。

 成田でのターミナルは、2路線とも第1ターミナル北ウイングを使用する。前回は第2ターミナルを使用していた。

就航の決め手は「ETOPS機材」

洋上飛行が可能な機体を示す「ETOPS」を紹介するスカイマークのJohn Furuya副室長=19年3月22日 PHOTO: Masahiro SATO/Aviation Wire

 スカイマークはサイパン線のほか、パラオへの乗り入れも計画している。パラオ路線について、同社の佐山展生会長は「サイパン線の定期便化が遅れ、計画が後ろ倒しになっている」とした上で、「パラオ路線も計画が進行している」と述べた。

 両路線について、市江社長は現地政府から就航への働きかけがあったことを明らかにしている。エンジンが1基停止しても洋上飛行が一定時間可能な「ETOPS(イートップス)」を、航空当局から取得した機材をスカイマークが保有していることから、声がかかったとしている。

14年10月に成田撤退

 成田からの定期便は、2014年10月25日の撤退以来5年ぶりとなる。当時のスカイマークはエアバスA380で成田-ニューヨーク線を2015年夏までに開設する予定だった。その後、2014年7月にエアバスからA380全6機の契約解除を通告されたことで、計画が頓挫。不採算路線の見直しの一環で、成田から撤退した。

 前回の成田就航は2011年10月30日。当初は旭川線1日2往復4便と札幌線1日1往復2便でスタートし、那覇線と神戸線、石垣線、米子線を定期便で、鹿児島線を季節便で運航した。撤退時は札幌線と那覇線、米子線の3路線が残り、1日2往復4便ずつ、計1日6往復12便運航していた。

運航スケジュール
成田-サイパン
BC811 成田(10:15)→サイパン(15:00)運航日:毎日
BC816 サイパン(16:35)→成田(19:30)運航日:月火水木金日
BC816 サイパン(17:05)→成田(20:00)運航日:土

成田-中部
BC867 成田(21:25)→中部(22:40)運航日:金日
BC860 中部(06:40)→成田(08:00)運航日:月土

関連リンク
スカイマーク

サイパンチャーター搭乗記
和食の特製機内食 特集・スカイマーク成田-サイパン初便搭乗記(19年4月6日)

サイパンチャーター
スカイマーク、夏も成田-サイパンチャーター(19年6月26日)
スカイマーク、成田からサイパンチャーター 定期便化検討(19年3月22日)
スカイマーク、GWもサイパン国際チャーター(19年3月19日)
スカイマーク、今冬に国際チャーター検討 サイパン・パラオ、19年定期便化も(18年7月19日)
スカイマーク、サイパン・パラオ国際チャーター検討 市江社長「19年5月か6月に」(18年6月18日)

14年10月に成田撤退
チェックイン機も片付け 写真特集・スカイマーク成田最後の1日(14年10月26日)
スカイマーク、成田便の運航終え撤退(14年10月25日)