エアライン, 業績 — 2019年7月30日 23:57 JST

ANA、19年4-6月期営業益19.4%減 採用や整備費用かさむ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)が7月30日に発表した2019年4-6月期(20年3月期第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比29.1%減の114億1800万円だった。法人税などの税金が85.7%増の60億9800万円になったことなどが影響した。2020年3月期通期の見通しは据え置いた。

19年4-6月期決算を発表するANAホールディングスの福澤グループ経理・財務室長兼財務企画・IR部長=19年7月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 4-6月期の売上高は3.2%増の5005億800万円、営業利益は19.4%減の161億7300万円、経常利益は12.3%減の170億3800万円で増収減益。ゴールデンウィークが10連休だったことなどで国内線と国際線ともに好調だったことから、売上高は初めて5000億円を突破し、4-6月期としては過去最高を記録した。一方、整備費用の増加など営業費用が膨らんだことなどで、営業益と経常益は前年同期を下回った。

 営業費用は4.2%増の4843億円。営業利益率は3.2%(0.9ポイント低下)となった。航空事業の営業費用のうち、燃油費・燃料税は4.3%減の819億円、整備部品・外注費は20.3%増の445億円、人件費は1.5%増の525億円だった。

 ANAHDの福澤一郎グループ経理・財務室長兼財務企画・IR部長は、営業費用の増加について「来期に向けた人の採用が大きい。安全面で整備系コストが出ており、機内サービス向上にもコストを充てている」と説明した。

—記事の概要—
国際線
国内線
LCC
為替と燃油
20年3月期見通し

*JALの4-6月期決算はこちら

国際線

 国際線の旅客収入は5.1%増の1641億円。旅客数は0.1%減の


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり3記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料個人会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月3本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録は、こちらからお問い合わせください。
* 法人の会員登録は有料のみです。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。