エアバス, エアライン, 機体 — 2019年1月22日 21:35 JST

セブパシフィック航空、A321neo初号機受領

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスは現地時間1月21日、フィリピンのセブパシフィック航空(CEB/5J)に同社向け初号機となるA321neo(登録記号RP-C4118)を引き渡したと発表した。

セブパシフィック航空のA321neo初号機=PHOTO: Bengt Lange/Airbus

 セブパシフィック航空のA321neoは1クラス236席。購入機として32機発注済みで、このほかA320neoを5機、航空機リース会社のアボロンからのリースで導入する。

 エンジンは米プラット・アンド・ホイットニー(PW)製「PW1100G-JM」を搭載する。セブパシフィック航空は当初、A321neoを2017年9月から導入する予定だったが、同エンジンの遅延により受領時期を変更していた。

 A321neoの受領により、札幌など新規路線の開設を検討する。

関連リンク
セブパシフィック航空
Airbus
エアバス・ジャパン

A321neoで新路線
セブパシフィック航空、A321neo年内受領 札幌も検討(18年5月16日)
セブパシフィック航空、A321neoで札幌検討 17年以降(16年6月11日)

A321neo受領延期
セブパシフィック航空、A321neoで札幌検討 17年以降(6年6月11日)

副社長インタビュー
「路線拡大はA321neo受領後」 セブパシフィック航空副社長インタビュー(16年6月15日)