エアライン — 2018年10月31日 06:00 JST

スターフライヤー、5回目の初日の出フライト 北九州で無料招待

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は、2019年1月1日に初日の出フライト「サンライズフライト2019」を北九州空港で実施する。35組を無料招待し、10月30日から応募受付を開始した。北九州での無料実施は2015年から5年連続5回目。

スターフライヤーの初日の出フライト0101便から見た初日の出=17年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

 北九州を発着する初日の出フライトは、1月1日午前6時ごろ出発し、九州上空を飛行して午前7時45分ごろ北九州へ戻る予定。搭乗手続きは午前5時15分まで。

 募集人数は35組で、1組の人数は1人から3人まで。2019年に挑戦・実現したいことを添えて応募する。応募多数の場合は抽選とし、当選時に同社から電話連絡が平日にできることが条件となる。

 空港までの交通費は自己負担。指定時間までに搭乗手続きできることが条件となる。遊覧飛行の様子は報道されたり、スターフライヤーの告知媒体などに掲載される可能性があるため、同意が必要となる。

 応募方法は同社特設サイトか、郵送のいずれか。受付期間は特設サイトが11月16日午後5時30分まで、郵送は11月16日消印有効。当選者のみ、同社から11月30日までに電話で連絡する。

 スターフライヤーは10月28日に、台北2路線を開設。国際線に再参入した。

関連リンク
初日の出フライト(スターフライヤー)

国際線に再参入
スターフライヤー、台北便就航 北九州・中部から国際線再参入(18年10月28日)

スターフライヤーの初日の出フライト
スターフライヤー、羽田で初の無料初日の出フライト 新制服CAがお出迎え(17年1月1日)
スターフライヤー、初日の出フライトに無料招待 就航10周年記念(16年1月1日)
パイロット志す子供も招待 写真特集・初日の出フライト2016(スターフライヤー編)(16年1月2日)

写真特集・初日の出フライト2018
JAL編 植木社長「機内のムードすごくいい」(18年1月8日)
ANA編 戌年パイロットと達人CAが乗務(18年1月7日)
ソラシド編 宮崎・青島神社初詣が目玉(18年1月6日)

2018年の初日の出フライト
ソラシドエア、初の初日の出フライト 青島神社初詣ツアー(18年1月3日)
ANA、富士山近くで初日の出フライト 高度1万3000フィート(18年1月1日)
JAL、羽田から初日の出フライト 全員が戌年CA、歴代制服も(18年1月1日)