エアライン — 2018年8月9日 12:56 JST

スターフライヤー、オフィス刷新で社員の情報共有強化 オペレーションも新体制に

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 次の10年を見据え、次世代の人材を育てながら新しい価値観で日々のオペレーションを実現しようと、北九州空港を拠点とするスターフライヤー(SFJ/7G、9206)が、同空港内にある本社を8月1日にリニューアルし、オペレーション体制も刷新した。

 2006年3月に就航したスターフライヤーは、10周年を迎えた2016年から次の10年に向けて「安全」「人財開発」「オペレーション運営」「商品戦略」の4分野について、若手社員を中心に組織横断的な社内プロジェクトを発足。専門性の高さから、従来は縦割りだった組織を打破するよう、見直しを進めてきた。

スターフライヤー本社アネックスの受付エリア=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

ワンフロアで情報共有しやすく

 オフィスのリニューアルは、昨年9月末から本格的に作業がスタート。社員8人を中心に、壁のない新しいオフィスに本社機能を集約した。就航当初は小倉にあった本社が北九州空港に移転後、初のリニューアルとなった。

 これまでは組織が縦割りであったり、航空会社での業務経験者に対して、若手が自由に意見を言いにくい雰囲気があったことから、情報共有がしやすいワンフロアの環境を作った。また、すぐにミーティングが開けるよう、立ったまま打ち合わせできるスペースも設けた。

スターフライヤーのフライトセンターの壁をなくした業務フロア=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

 北九州のオフィスは従来、本社と新館、本館があり、本社に営業本部や総務人事部、経営企画本部などがあり、新館に整備本部や運航本部など、本館に運送客室本部などがあった。

 リニューアルで、本社は「ANNEX(アネックス)」、新館は「フライトセンター」、本館は「オペレーションエリア」と改称。ANNEXにはリラックススペースや会議室など、来客用の施設を集約し、フライトセンターには分散していた各部門を集約した。オペレーションエリアには、オペレーションコントロールルームを新たに設け、オペレーション関連の各職種が一つの部屋に集まめた。

 来客用の施設であるANNEXは、北九州空港の滑走路や誘導路をモチーフにした廊下とし、壁はルートマップ、会議室などの名称は星にちなんだものにし、訪れた人にスターフライヤーを感じてもらいやすいよう、デザインにこだわった。

 また、従来は社員が食事をするような休憩スペースがなかったため、ANNEX内に新設した。

運航の統括責任者新設

 スターフライヤーの運航便数は現在1日60便程度だが、将来100便を超えても耐えられる体制に刷新。ダイヤ統制や運航管理、整備、パイロットや客室乗務員のスケジュール管理、情報管理といったオペレーション関連の部署を一つの部屋に集約し、オペレーション全体を統括する責任者「オペレーション・ダイレクター(OD)」を新設した。

スターフライヤーのオペレーションルーム=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

 機長や運航管理者、確認主任者といった技術資格にもとづく業務は、個別の権限で責任を持つが、ODは社長権限の委譲を受けた統括責任者として、全体を通じた運営を担う。

 また、I&I(情報担当者)を配置し、運航情報を社内外に向けてタイムリーに提供する体制を整えた。新体制により、安全第一、顧客と社員の満足度、定時運航の3つの品質を高めていく。

 スターフライヤーは冬ダイヤ初日の10月28日から、国際線への再参入となる台北路線を北九州と中部から開設。11機のエアバスA320型機(1クラス150席)で、羽田-北九州線、関西線、福岡線、山口宇部線、中部-福岡線の国内5路線と、国際2路線を運航していく。

 オフィスのリニューアルとオペレーションの新体制を発足させたことで、スターフライヤーは働き方改革の推進や、新しい発想をによるサービス向上を目指す。

*写真は38枚(ANNEX→フライトセンター→オペレーションルームの順)。

リニューアルしたスターフライヤー本社のANNEX(左)とフライトセンター=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

アネックス

スターフライヤー本社アネックスの受付エリア=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスの待合スペース=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのオープンミーティングスペースのルートマップを模した壁(左)と誘導路を模した廊下=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスの誘導路を模したオープンミーティングスペースの廊下=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのオープンミーティングスペースにあるルートマップを模した壁=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのルートマップを模した壁があるオープンミーティングスペース=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのオープンミーティングスペース=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスの誘導路と滑走路を模したオープンミーティングスペースの廊下=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのオープンミーティングスペース=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスの星にちなんだ名前が付けられた応接室 「Vega」=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社ビルアネックスの星にちなんだ名前が付けられた応接室 「Vega」=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスの会議室「Rigel」=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスの会議室に設置されたブラックボードと白ペン=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスの機体のドアや窓などと同じように白枠でデザインされた会議室のドア(右)=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスにある各部屋の使用状況がわかる端末=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスの誘導路と滑走路を模した廊下=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのラウンジにあるサイン=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのラウンジ=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのリラクゼーションスペース=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのリラクゼーションスペース=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのリラクゼーションスペース=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社アネックスのリラクゼーションスペース=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

フライトセンター

スターフライヤーのフライトセンターの業務フロアにある松石社長のデスク(左奥)=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤーのフライトセンターの壁をなくした業務フロア=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤーのフライトセンターの立ったままでミーティングができるスペース=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤーのフライトセンターの立ったままでミーティングができるスペース=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤーのフライトセンターの壁をなくした業務フロア=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

オペレーションルーム

スターフライヤー本社オペレーションルームのサイン=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社のオペレーションルーム=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤーのオペレーションルーム=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤーのオペレーションルーム=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤーのオペレーションルーム=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

社内で情報共有するためスターフライヤーの本社に設置されたインフォメーションボード=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

スターフライヤー本社のリニューアルプロジェクトを全体統括した総務人事部兼安全推進部の水町敬さん(右から3人目)とプロジェクトメンバーら=18年8月1日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

関連リンク
スターフライヤー

15号機やサービス刷新
スターフライヤー、マイル制度を9月刷新 「アルタイル」新設で3段階に(18年7月26日)
スペース・フレックスでピッチ広々 写真特集・スターフライヤー15機目のA320(18年7月10日)
スターフライヤー、ピッチ広めのA320 国際線用にオーブン搭載(18年7月9日)

台北路線
スターフライヤー、福岡発着の台北線断念 発着枠取れず(18年7月20日)
スターフライヤー、台北3路線開設へ 18年冬ダイヤ、北九州・福岡・中部から(17年10月31日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post