エアバス, 機体 — 2018年7月20日 10:00 JST

ベルーガXL、初飛行成功 19年就航へ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスは現地時間7月19日、次世代大型輸送機「Beluga XL(ベルーガXL)」の初号機(登録番号F-WBXL)が初飛行に成功したと発表した。2019年後半に就航する見通し。

トゥールーズのブラニャック空港を離陸するエアバスのベルーガXL初号機=18年7月19日 PHOTO: A. Tchaikovsky, master films/Airbus

 ベルーガXLは、A300をベースとする大型輸送機A300-600ST「ベルーガ」の後継機で、A330-200F貨物機をベースに2023年までに5機製造。コンポーネントや機器は既存のものを再利用するが、コックピットや貨物室などは新規開発となる。エンジンは、英ロールス・ロイス製トレント700を2基搭載する。

 輸送力をベルーガよりも30%向上させ、A350の主翼を2つ同時に運べるようにする。機体断面は1メートル広くなり、ペイロードも12%増える。ベルーガは順次ベルーガXLと交代し、2025年までに全機が退役する見通し。

 19日の初飛行は、エアバスの工場がある仏トゥールーズのブラニャック空港を現地時間午前10時30分に離陸。4時間11分の飛行後、午後2時41分に着陸した。今後は型式証明の取得に向け、10カ月間に600時間の飛行試験を実施していく。

 シロイルカを意味するベルーガが、笑顔を浮かべている機体の塗装「Smiling Beluga XL(スマイリング・ベルーガXL)」は、胴体前方に目、コックピット周辺に口をデザイン。6種類のデザイン案から、2万人の社員が投票で選んだ。

トゥールーズのブラニャック空港を離陸するエアバスのベルーガXL初号機=18年7月19日 PHOTO: JB. Accariez, master films/Airbus

関連リンク
Airbus
エアバス・ジャパン

エアバス、「笑顔の」ベルーガXL 初号機ロールアウト(18年6月29日)
ベルーガXL、地上振動試験に合格 今夏初飛行へ(18年6月7日)
ベルーガXL、エンジン搭載(18年4月6日)
ベルーガXL、姿現す 仏で地上試験(18年1月9日)
ベルーガXL、進捗順調 18年夏、初飛行へ(17年10月10日)
デザインは「笑顔のシロイルカ」エアバスのベルーガXL、社員投票で決定(17年4月27日)
エアバス、ベルーガXLの大型部品到着 仏トゥールーズ工場(17年4月14日)
エアバス、ベルーガXLの製造進む 機首や尾翼結合へ(17年1月7日)
エアバス、ベルーガXLの最終組立開始 A350増産で大型輸送機(16年12月10日)
エアバス、ベルーガXLの製造開始 A350増産に対応(15年12月22日)
エアバス、ベルーガXLの仕様策定 19年就航へ(15年9月17日)
エアバス、ベルーガ新型機開発へ 既存機は25年までに退役(14年11月18日)
エアバスの巨大輸送機ベルーガ、初飛行20周年 主翼や胴体運ぶ(14年9月13日)
ハンブルクを舞うシロイルカ 写真特集・エアバス・ベルーガ(13年8月18日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post