エアバス, 機体 — 2014年11月18日 14:35 JST

エアバス、ベルーガ新型機開発へ 既存機は25年までに退役

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスは現地時間11月17日、パーツ輸送を担う大型輸送機「ベルーガ」を新たに5機開発、生産すると発表した。A350 XWBファミリーの生産量増加に伴うもので、2019年中盤に運用を開始する見込み。

A300をベースにしたベルーガ現行機=13年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 新しいベルーガは、A330をベースに開発。コンポーネントや機器は既存のものを再利用し、コックピットや貨物室などを新たに開発する。

 既存のベルーガは新型機と順次入れ替え、2025年までには退役する予定。

 ベルーガとは、シロイルカの意味。欧州各地で製造されるA380やA350 XWBなどエアバス機のパーツを、仏ナントやサンナゼール、独ブレーメン、スペインのヘタフェ、英ブロートン、イタリアのナポリなどから、仏トゥールーズや独ハンブルクの最終組立工場へ輸送している。主翼や胴体などのパーツを運ぶベルーガは、飛行機を作るための飛行機、と言える。

 現在のベルーガはエアバスが1970年代からパーツ輸送に使用してきた、ボーイング377ストラトクルーザーの改修機「スーパー・グッピー」が老朽化したため、代替機として開発された。エアバスの旅客機A300-600Rをベースにしており、エンジンは米GE製CF6-80C2を搭載する。乗員は機長と副操縦士、航空機関士の3人。初号機は1994年9月13日に初飛行した。

 ベルーガと同様の用途の輸送機としては、ボーイングが787の大型部位輸送に使用している、747-400を改造した大型輸送機「ドリームリフター」がある。

ベルーガに積み込まれるA320neo初号機の胴体=14年3月 PHOTO: Bengt Lange/Airbus

関連リンク
Airbus
エアバス・ジャパン

エアバス、ベルーガXLの仕様策定 19年就航へ(15年9月17日)
エアバスの巨大輸送機ベルーガ、初飛行20周年 主翼や胴体運ぶ(14年9月13日)
エアバス、スカイマークA380初号機の最終組立開始へ 垂直尾翼がトゥールーズ到着(14年1月14日)
ハンブルクを舞うシロイルカ 写真特集・エアバス・ベルーガ(13年8月18日)
ボーイング、セントレアに787の部位保管施設 ドリームリフター・オペレーションズ・センター稼働(14年3月18日)
国際航空宇宙展、セントレア会場も始まる(12年10月12日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: