エアライン — 2018年6月19日 13:27 JST

スターフライヤー、社長”松石くん”と学ぶ夏休み航空教室

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は、7月と8月に小学生から高校生を対象にした夏休み教室「スターフライヤー社長“松石くん”と学ぶ航空教室」を開く。客室乗務員の仕事をメインとした「Aコース」と、パイロット主体の「Bコース」を設け、7月と8月に1回ずつ計4回開く。

社長“松石くん”と学ぶ航空教室を開くスターフライヤー=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 航空教室は、北九州空港にあるスターフライヤーのトレーニングセンターで開催。普段は非公開の施設で、整備や運航に携わってきた“松石くん”こと同社の松石禎己社長が、飛行機が飛ぶ原理などを解説し、整備士が機体を安全に飛ばすための整備作業について説明する。

 Aコースでは、客室乗務員による仕事の説明後、機内サービスを体験。Bコースは、パイロットが業務を解説してから、シミュレーターを見学する。
 
 日程は7月25日と8月25日にAコース、7月28日と8月23日にBコースを開催。申込期間は、7月開催分が7月11日午後5時まで、8月開催は7月13日から8月13日午後5時まで。当選発表は、締切翌日の7月12日と8月14日に行う。各回とも小学生から高校生が18人ずつで、保護者を含めて1組最大3人が参加できる。

 航空教室は、北九州-那覇線を1日2往復に期間増便することを記念したもの。応募には、北九州を午後3時に出発する那覇行き99便の航空券を購入する必要がある。

 北九州-那覇線は、スターフライヤーの定期便では初の沖縄路線で、2017年7月4日に夏の季節便として1日1往復で開設した。7月13日から夏ダイヤ最終日の10月27日までは、1日2往復運航する。

関連リンク
スターフライヤーサマースクール

スターフライヤーCA「腹筋割ります」 新年度の目標掲げ「旅立ちの日フライト」(18年4月15日)
スターフライヤー、7月以降も北九州-那覇 1日2往復(18年1月19日)
スターフライヤー、夏期も北九州-那覇 18年5月まで(17年10月26日)
スターフライヤー、冬期も北九州-那覇 18年2月再開へ(17年8月22日)
スターフライヤー、北九州-那覇就航 夏季限定、松石社長「通年運航目指したい」(17年7月4日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post