エアライン, ボーイング, 機体 — 2018年6月8日 19:45 JST

タイ国際航空、中部深夜7月増便

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 タイ国際航空(THA/TG)は現地時間7月3日から、バンコク-中部(セントレア)線のうち、中部発の深夜便を増便する。週2往復を増便し、深夜便も1日1往復のデイリーで運航する。同路線は中部午前発と合わせ、7月からは1日2往復運航することになる。

中部深夜便を7月に増便するタイ国際航空=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 バンコク発を火曜と水曜、中部発を水曜と木曜に増便する。運航機材はボーイング787-8型機で2クラス計264席(ビジネス24席、エコノミー240席)。

 中部行きTG646便は、バンコクを午前10時45分に出発し、午後6時40分に到着する。中部発の増便は翌4日からで、バンコク行きTG647便は中部を午前0時30分に出発し、午前4時30分に到着する。

 同社は6月14日から、ニュース番組やスポーツをリアルタイムで視聴できるサービス「Live TV on board」を開始する。エアバスA350-900型機と787が対象で、日本路線も中部発深夜便を含め、一部路線で利用できるようになる。

増便分の運航スケジュール
TG646 バンコク(10:45)→中部(18:40)運航日:毎日(7月3日から)
TG647 中部(00:30)→バンコク(04:30)運航日:毎日(7月4日から)

関連リンク
タイ国際航空

タイ国際航空、リアルタイムのテレビ視聴サービス A350と787で(18年6月7日)