エアライン — 2018年4月5日 13:57 JST

スターフライヤー、タリーズのコーヒー9年ぶり刷新

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は、機内で提供するコーヒーを4月1日に刷新した。2006年3月16日の就航当初からタリーズのコーヒーを無料提供しており、9年ぶり3代目の新ブレンドが登場した。

機内で提供するタリーズのコーヒーを刷新したスターフライヤー(同社資料から)

 タリーズと共同開発した新ブレンドは、グアテマラをメインにコロンビアとブラジルの3種のコーヒー豆をブレンド。酸味とボディのバランスが良く、コーヒーと一緒に提供するチョコレートと調和するという。

 また、新ブレンドを機内でも数量限定で販売。コーヒー豆200グラムとオリジナル不織布袋のセットで、税込1300円。コーヒー豆を細挽きにしたものを提供する。

関連リンク
スターフライヤー

スターフライヤー、北九州空港で靴磨き 羽田線旅客数が過去最高更新へ(18年3月27日)
スターフライヤー、有楽町にアンテナショップ 首都圏知名度「5割目指す」(18年2月9日)
スターフライヤー、9年連続で顧客満足度No.1 JCSI、国内航空部門(17年11月7日)
スターフライヤー、台北3路線開設へ 18年冬ダイヤ、北九州・福岡・中部から(17年10月31日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post