エアライン, ボーイング, 企業, 機体 — 2016年12月9日 09:30 JST

GE、ANAに飛行データ解析ツール 燃料費削減

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 GEアビエーションは12月8日、飛行データを分析し燃費を向上させるソリューション「フライト・アナリティクス」の導入で、全日本空輸(ANA/NH)と契約を締結したと発表した。日本の航空会社に同ソリューションを提供するのは初めて。

GEアビエーションのフライト・アナリティクスを導入するANA=16年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 フライト・アナリティクスの導入により、燃料費の年1%程度の削減を見込む。ANAは国内・国際合わせて、1日1000便以上を運航している。2015年度の燃料関連費はおよそ3000億円。

 また飛行データを解析することで、離着陸時や飛行中の燃料消費状況を把握できるようになる。運航乗務員には効率的な運航をサポートする。最適な燃料搭載量などをデータ化し、運用面の柔軟性を高められるようになる。

 フライト・アナリティクスはカンタス航空(QFA/QF)やエアアジア(AXM/AK)などが導入。ビッグデータの活用した航空会社向けプログラム「フライト・エフィシエンシー・サービス」(FES)の一部で、100社以上の航空会社が導入している。

 GEはボーイング777型機に搭載するエンジン「GE90」や、後継機となる777X用「GE9X」を製造。ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、20機の777-9Xを777-300ERの後継機として確定発注し、2021年度から2027年度にかけて受領する。

関連リンク
GE Aviation
全日本空輸

LEAPとGE9X用SiC繊維、生産能力10倍に 富山NGS、第2工場竣工(16年9月17日)
GE、777に五輪シンボル描く JALとANA共同で(16年8月24日)
GE、ビッグデータ利用のコスト削減プログラム 飛行経路解析(14年11月7日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: