エアライン, ボーイング, 機体, 解説・コラム — 2016年9月2日 11:02 JST

ANA整備士「賢すぎる飛行機」特集・さよなら日本初の777、JA8197(前編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 1995年10月4日、日本初のボーイング777となった777-200(登録番号JA8197)が全日本空輸(ANA/NH)へ引き渡された。この初号機による初便は、同年12月23日の羽田-伊丹線。就航当時は垂直尾翼に「777」と大きく描かれ、最新鋭機であることをアピールしていた。

 就航から20年7カ月が経過し、8月15日に商業運航最終日を迎えた。羽田着が札幌発NH70便、羽田発は伊丹行きNH41便がラストフライトとなり、その後伊丹で売却整備を実施し、22日夜に羽田から売却先の米国へ飛び立った。

 日本で初めて導入された777が退役した今、当時から機体に携わってきた人はどう感じているのだろうか。本特集ではANAの整備士とパイロットに、導入当時の様子などを聞く。

20年間777の整備を手掛けてきたANAの溝田整備士=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 今回の前編では、ANAベースメンテナンステク二クスの機体整備部に所属する。溝田政彦整備士に話を伺った。

 溝田さんはANAグループの現場の整備士約3000人の中で、28人しか認定されていない「グループマイスター」という、社内整備士の技量認定制度の最上位グレードの認定を受けたエキスパートで、一等航空整備士の審査員も務める。

 737-200から整備に携わってきた溝田さんは、20年前の1996年に777のライセンスを取得。8月に60歳を迎えた溝田さんは、図らずも初号機JA8197の退役と同時期に、整備士生活の節目を迎えた。

—記事の概要—
747-400から進化
賢すぎる飛行機
技術的に熟成したボーイングの集大成
初号機退役と重なった定年

*後編はこちら
*写真特集の機内編はこちら、機体編はこちら

747-400から進化

JA8197のコックピット。テクノジャンボと呼ばれた747-400よりも進化していた=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 777を整備することになった溝田さんは、コンピューター制御が本格的に導入された機体を見て、747-400との違いを痛感する。

 「飛行機自体がだいぶコンピューターライズされてましたね。747-400も『CMCF(Central Maintenance Computing Function)』で機体の状況をいろいろ知ったり、テストを一元化できるようになっていたのですが、777はさらに一歩進んだ『MAT(Maintenance Access Terminal)』というものが採用されました」と、“テクノジャンボ”の愛称が付けられた747-400と比べ、より進んだシステムが採用されていた。

 「飛行機の健康診断も全部コンピューターが全部やってくれます。MATになにかメッセージが出れば、それをチェックして対処すれば良いようになっています」と、747-400までは紙で参照していた不具合のメッセージが、MATに表示されるようになっていた。これにより、シップサイドでだいたいの問題が解決できた。

羽田の格納庫で整備中の777=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ところが最初のうちは、進化しすぎたシステムが溝田さんら整備士たちを悩ませる。現在は不具合が起きてなくても、将来的に何か問題が発生する懸念があるものも、表示されるからだ。

 「導入当初はノウハウも経験もなかったので、どこまでキャリーオーバー(修理の持ち越し)できるものなのか判断に苦労しましたね。夜12時までの勤務なのに、朝まで掛かったこともありましたよ」と振り返る。

 777のコックピットは、747-400と比べても進歩していた。「サーキットブレーカーやスイッチが減りました。必要最低限のスイッチとライトしかなくなってしまいましたね」と話す溝田さん。当時は747SR(従来型の747)も、まだ運航していた時期だった。

 「777の修理をしていて、たまに747SRのコックピットに入ると、『うわぁ、こんなにスイッチがあるのか』となりましたね」と、新旧世代が入り交じった当時を振り返った。

賢すぎる飛行機

賢すぎると評された777。夏の繁忙期を迎えた777ばかりだ=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 現在の航空機は、コックピットのモニター画面に計器類が表示されるグラスコックピットが一般的。777も「EICAS(Engine Indication and Crew Alerting System)」と呼ばれるシステムが導入されている。

 これまでは多くの計器が並んでいたものが、何かが起きるとEICASに表示される方式に変わったことで、777導入当初は「すごく違和感がありましたね」と溝田さんは話す。

 「747SRのアナログチックなコックピットであれば、『これは数値が高いな』とわかりますが、当時はメッセージを調べないとわからないものもあったので、慣れるまでは大変でした」と、当時は苦労が続いた。

 そして777は、故障が予見される場合もメッセージを出すようになった。「賢すぎて


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post