エアライン, ボーイング, 機体, 解説・コラム — 2016年8月30日 23:30 JST

405席の大型国内線機材 写真特集・日本初の777、ANA初号機JA8197(1 機内編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 台風9号が去った8月22日夜、日本初のボーイング777が羽田空港から売却先の米国へ飛び立った。全日本空輸(ANA/NH)の777-200初号機(登録番号JA8197)で、ANAの777としては2機目の退役機となった。

日本初の777であるANAの初号機JA8197のプレミアムクラス=16年8月8日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 JA8197の製造は1995年8月13日で、同年10月4日にANAへ引き渡された。初便は受領から約2カ月後の同年12月23日の羽田発伊丹行きNH15便。伊丹線のほか、羽田発着の札幌線、福岡線、那覇線といった幹線を中心に、高需要路線に投入されてきた。

 商業運航最終日となった8月15日は、羽田着が札幌発NH70便、羽田発は伊丹行きNH41便がラストフライトとなった。

 15日の商業運航終了後は、伊丹空港に隣接するANA系整備会社MROジャパンで売却整備を実施。21日に伊丹午後1時24分発のNH9006便として羽田へフェリー(空輸)された。

 米国へのフェリーフライトNH9434便は、羽田を定刻より5分早い22日午後8時55分に出発。C滑走路(RWY16L)から午後9時22分に離陸し、日本を後にした。

 ANAの777が退役するのは、5月5日に商業運航を終えて同月24日に離日した777-200の3号機(JA8199)に続き2機目。JA8197はJA8199と同じく国内線仕様機で、座席数はともに2クラス405席(プレミアムクラス21席、普通席384席)で、小糸工業(現KIホールディングス)製のシートを搭載していた。

JA8197のシート配置図(ANAのウェブサイトから)

 機体の全長は63.7メートル、全幅60.9メートル、全高18.5メートルで、エンジンは米プラット&ホイットニー製PW4000シリーズのうち、推力が7万4000ポンド(約3万3790キロ)のPW4074を2基搭載。主な仕様は最大離陸重量202.9トン、最大運用高度1万3100メートル、航続距離3800キロ、巡航速度時速890キロ、搭載燃料量117キロリットルとなっていた。

 今回の初号機退役に伴い、16機あった777-200は14機になった。ANAが運航している777は、このほかに777-200の航続距離延長型777-200ERが12機、長胴型777-300が7機、777-300の航続距離延長型777-300ERが22機の計55機。また、納入待ちの777-300ERが6機あり、次世代機777-9Xは20機発注している。

 ANAの国内線用777-200は今後、787-9(395席:プレミアムクラス18席、普通席377席)などへの置き換えが進み、777-9Xは長距離国際線用機材である777-300ERの後継となる。同社では今後、離着陸回数が多い機体を中心に、経年化した777の退役を進めていく。

 本写真特集では、初号機の機内や外観、商業運航最終日からフェリーフライトまでを写真で追った。機内編では、コックピットやプレミアムクラス、普通席などの様子を、便間整備中に収めた。

*写真は48枚(プレミアムクラス→普通席→ギャレー→コックピット)。
*夏の繁忙期の稼働や商業運航最終日、フェリーフライトの写真特集はこちら

羽田に到着する松山発NH592便のJA8197=16年8月8日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田の58番スポットに到着する松山発NH592便=16年8月8日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田の58番スポットに到着した松山発NH592便=16年8月8日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post